mac野郎なのか

Windows10に関する記事まとめ

Windows10に関する記事を最新順にまとめています。mac野郎なのかサイトは、iPhoneで復元できないをできるにするTipsや、MacでWindows使う・連携する、MacとiPhoneで便利になることを掲載しています。

Windows10に関する記事まとめ(最新順に並んでいます。)

Parallels Desktop 13のWindows10性能は?Touch Bar対応は?【macOS High Sierra】

macOS High Sierraに対応したParallels Desktop 13でWindows10の性能はどんな感じなのか?BootCamp比較でどの程度の実力があるのか?Parallels Desktop 11からアップグレードしたほうがいい?MacBook Pro Retina Late2012で評価したParallels Desktop13の性能やTouch Bar対応の見た目がわかります。 Parallels Desktop 13は、macOS High Sierra 10.13、macOS Sierra 10.12.5 、OS X El Capitan 10.11.6 、OS X Yosemite 10.10.5上でWindows10を始め様々なOSを動かすことができます。 当ページでは、Parallels Desktop 13があると便利になるポイントやBootCampのWindows10との比較、TouchBar対応の新機能のレビューをご紹介しています。ベンチマークソフトは無償のものを利用しています。旧バージョンをお持ちの方で、Parallels Desktop 13にしようかどうか

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsParallels Desktop 13macOS High Sierra(10.13)Windows10体験レビューBootCamp性能比較

VMware Fusion10のUSBが認識しない?これを試して見てください

MacBook Pro Retina Late2012にmacOS High Sierra(10.13)をインストールしています。ここにVMware Fusion10(10.0.1)をインストールし、Windows10(Prevew版)を動かしたところ、macに接続したUSBデバイス(USBハードディスク、USB SSD)を認識してくれませんでした。この記事でそんな状態でお困りの状況を解決できます。 こちらのVMware Fusion (for Mac) > ディスカッションに解決方法が書いてあります。 USB devices no longer recognised on VMWare Fusion 10 ただ、なんだかよく意味がわからず、ちゃんとUSBデバイスが認識できるまで時間がかかってしまいました。 USBを認識しない症状とは? USBデバイスをmacに刺しても、VMware Fusion10のUSBとBluetoothのUSBデバイスを接続する欄には何も表示されません。 macが原因かと思い、NVRAMリセットをして見ました。でも症状は一切変わらず、USBデバイスを認識してくれません。

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsVMware Fusion 10macOS High Sierra(10.13)Windows10体験レビュー

VMware Fusion10で動かすWindows10のレビュー【macOS High Sierra】

macOS High Sierra上のVMware Fusion10.0.1で動かすWindows10の性能は?VMware Fusion10のMetalAPI対応、TouchBar対応ってどんな感じ?BootCampの方がいいの?MacBook Pro Retina Late2012で実際に動作させた実力がわかります。 VMWare Fusion10は、macOS High Sierra、Sierra、OSX El Capitan、Sierra上でWindows10を始め様々なOSを動かすことができます。 当ページでは、VMware Fusion10があると便利になるポイントやBootCampのWindows10との比較、MetalAPI対応やTouchBar対応の新機能を採用したVMware Fusion10のレビューをご紹介しています。ベンチマークソフトは無償のものを利用しています。旧バージョンをお持ちの方で、VMwara Fusion10にしようかどうかお悩みの方は、ご自身の環境で試してこの記事の結果と比較して見てください。 またVMware Fusion10自体評価版があります。メールアドレス等

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsVMware Fusion 10macOS High Sierra(10.13)Windows10体験レビューBootCamp性能比較

BootCampで動かすWIndows10の性能【macOS High Sierra】

macOS High SierraのBootCampアシスタントでAPFSボリュームにWindows 10(Insider版)を実際に入れて見ました。この記事でmacのBootCamp Windows10の性能やメリット、デメリット、Windows10 Insider Preview(ISO)の入手方法、BootCampを使ったWindows10のインストール方法がわかります。 【目次】 1 BootCampのメリット 2 BootCampのデメリット 3 BootCampで動かすWIndows10の性能 3−1 Windows エキスペリエンススコア 3−2 CPUや2Dグラフィックス性能 3−3 ストレージの性能 3−4 3Dグラフィックスの性能 4 Windows10 Insider Previewの64bit版ISOファイルを入手する 5 【macOS High Sierra】BootCampアシスタントでWindows環境を構築する 5−1 Windows インストールディスクの作成 【macOS High Sierra Boot Campアシスタント】 5−1−1 ステップ1 Boot C

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsを動かすBootCampWindows10性能比較

macからWindows10へリモートデスクトップのおすすめと設定のまとめ(backslashおまけ付き)

Microsoft Remote DesktopのBeta版「Microsoft Remote Desktop for Mac」を使って、macOSからWindows10へリモートデスクトップ接続する方法をおすすめする理由とともにご紹介します。 キーボード操作に慣れている方、Powershell、コマンドプロンプトやVisual Studioをご利用する方のためのbackslash対応のおまけもあります。 よろしければ参考にしてください。 目次 1 Microsoft Remote Desktop for Macをおすすめする理由2 Microsoft Remote Desktop for Mac(ベータ版)のインストール3 macのJISキーボードがUSキーボードと誤認識する対処方法4 Remote Desktop MacのBackslash問題を解決する5 まとめ Microsoft Remote Desktop for Macをおすすめする理由 Microsoft Remote Desktop for Macはベータ版です。 このベータ版は、App Storeから入手できません。 こちらのHo

Read more

関連カテゴリ・タグ:Windows連携macからWindowsを使うmacで困ったことmacのアプリレビューWindows10macOS High Sierra(10.13)macOS Sierra(10.12)OS X El Capitan(10.11)OS X Yosemite(10.10)

macでWinSCP!2017年 mac FTPクラアントの新定番

macでWinSCPが動かない、仕方がないからMac用の別FTPクライアントを探していたりしませんか? 当ページで、macでWinSCPを動かす方法がわかります。   macos SierraのFTPクライアントは、Cyberduck、Filezilla、Transmit(有料アプリ)などが有名ですね。 macosを始め、Ubuntu、Debian、Fedora、MageiaなどWindows以外のOSでWindowsプログラムを動かすWINEってご存知でしょうか?   2017年1月に、WINE2.0がリリースされました。 今までWINEで動かすアプリは、フォントが汚く見えたりしたので、おすすめしにくかったです。 WINE2.0は、Retinaディスプレイモードをサポートしています。   そこそこ見栄えの良い感じでWindowsプログラムをMacで動かすことが可能です。 (2017年5月2日時点で、安定バージョンの最新版は、WINE2.0.1、開発版はWINE2.7です。)   【目次】 1 macでWinSCPを動かすための環境を整える 1ー1 XQuart

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsを動かす体験レビューmacOS Sierra(10.12)Windows10

Windows10 Creators Update適用前に注意するポイント7選とParallelsの使用感

Windows10 Creators Updateが4月11日からWindows Update対象になりましたね! 大型アップデートのようで、適用すると新たな問題を抱えてしまう場合があります。 Windows10 Creators Updateを適用する前に注意するポイントは? ParallelsでWindows10 Creators Updateは問題なく動くの? BootCampのWindows10に適用してもいい? アップデートで使い難くなったりしないの? アップデートで便利になることは?   これらの疑問を当ページで解決できます。   アップデートする前に、こちらの「Windows10 Creators Update適用前に注意するポイント7選+2」を読んで、該当しないか確認してください。   Windows10 Creators Update適用前に注意するポイント7選+2 こちらに該当する方は、Windows10 Creators Updateへ更新する前に情報を確認してください。 Mac の Boot Camp へ Windows 10 Creators Up

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsmacでWindowsを動かすWindows10Parallels Desktop(パラレルス デスクトップ)macOS Sierra(10.12)

VMware Fusion8.5とParallels Desktop 12を徹底比較

現在Parallels Desktop 11をMacBook Pro Retina 15inch Mid2015で使っているMac野郎なのかです。 macOS Sierra+Windows10Proが同時に実行できるので、どちらかの優れたアプリを補完しあえるのがとってもいいです。   今回は、最新バージョンのVMware Fusion 8.5とParallels Desktop 12とを徹底比較します。   もし、古いバージョンをお望みならこちらの記事「Parallels11とFusion8を徹底比較!」にまとめています。   古いバージョンは、外付けハードディスクに仮想OSをインストールして挙動を確認しています。 今回は、内蔵SSDに仮想OSを配置して挙動を確認しています。   古いバージョンと比較すると良くなったものもあれば、悪くなったものもあります。前回はYosemiteで評価しました。今回はmacOS Sierraで評価しています。同一ハードウェアですが、OSも違ったりしていることも要因として考えられます。     mac歴よりも、win

Read more

関連カテゴリ・タグ:性能比較macでWindowsmacでWindowsを動かすWindows10VMware Fusion 8.5Parallels Desktop 12VMware Fusion(フュージョン)Parallels Desktop(パラレルス デスクトップ)macOS Sierra(10.12)

【Parallels所有者必見!?】macでNTFS書き込みするもう一つの方法

外付けUSB3.0 1TB HDDの容量の空きが少ない状況になりつつあるMac野郎なのかです。 1TBのHDDは、以下のような状況になっています。 Share (Mac OS拡張) 主にバックアップでほぼフル Windows(NTFS) 外付けDiskからBootcampを使わずにWIndowsを起動した過去の遺産 work(Mac OS拡張)いろんな雑多な用途に利用中 利用率90%を超えた・・・ Macintosh HD1(Mac OS拡張) MarvericksからEl Capitanへ移行する際のバックアップ(もういらないね・・・) Install OS X El Capitan(Mac OS拡張) El Capitanをクリーンインストールするために用意(もういらないね・・・) Macで読み書きできるMac OS拡張フォーマットのパーティション、Shareもworkもフルに近い状況です。 一方、268.44GB割り当てたWindows(NTFSフォーマット)パーティションは、 NTFSのためMacから書き込みできない=ほぼ使っていない死蔵状態です。 250GBを超えるパーティションを使わな

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsmacでWindowsを動かすWindows10macOS Sierra(10.12)Parallels Desktop(パラレルス デスクトップ)Parallels Desktop 11macのストレージ

Parallelsディスク容量増やしたら回復パーティションになった場合の対処法

Parallelsで動かしているWindows10に「Windows10 Anniversary Update」を手動適用しようとしたところ空容量不足で失敗しているMac野郎なのかです。 今回、Windows10Proのディスク容量をサクッと増やしてAnniversary Updateを適用します! Parallels Windows10のディスクは容量可変ディスク(128GB)で設定していました。 容量を簡単に増やす事ができるから「容量可変ディスク」を選んでおいて正解でした! ナイス選択>Mac野郎なのかって自画自賛です。 でも、結果的に、Windows10は手強かったです。全然さくっ感がありませんでした・・・orz 【目次】 Parallels Windows10の容量を増やす方法 Parallelsディスク容量を変更で回復パーティションが増えた場合の対処法 まとめ Parallels Windows10の容量を増やす方法 もっとも手っ取り早いのは、クリーンナップです。 cleanで検索するとみつかります。 Mac野郎なのかのWindows10Proの環境では、クリーンナップで3.

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsmacでWindowsを動かすOS X El Capitan(10.11)macで困ったことWindows10Parallels Desktop(パラレルス デスクトップ)Parallels Desktop 11

ページ 1