mac野郎なのか

Time Machineに関する記事まとめ

Time Machineに関する記事を最新順にまとめています。mac野郎なのかサイトは、iPhoneで復元できないをできるにするTipsや、MacでWindows使う・連携する、MacとiPhoneで便利になることを掲載しています。

Time Machineに関する記事まとめ(最新順に並んでいます。)

macOS High SierraからSierraに戻す唯一の方法とTimeMachineは速いストレージを使った方がいいと思った理由

こちらの記事は、macOS High SierraからSierraに戻す内容です。APFS採用のmacOS High SierraからHFS+のSierraへダウングレードできるのか?疑問でした。SierraでバックアップしたTimeMachineディスクを使ったダウングレード方法をご紹介しています。 SierraからHigh Sierraへのインストールはこちらのhttp://fanblogs.jp/macyarounanoka/archive/296/0でご紹介しています。 9月27日にmacOS High Sierra ( OS X 10.13 )をMacBook Pro Retina Late2012へインストールしました。 macOS High Sierraのインストールした記事はこちらで詳しくご紹介しています。 今回、High SierraからSierraへ一旦戻すことにしました。その理由は、支障が出ているからです。こちらに書いていますが、どうやらMac野郎なのかが使っているLate2012とHigh Sierraの相性?が悪いらしくmacOSが固まって止まってしまう現象が発生しています

Read more

関連カテゴリ・タグ:macOS High Sierra(10.13)macOS Sierra(10.12)Time Machinemacのストレージ

Time Machineバックアップデータの正しい削除方法

Time Machine用のHDDボリューム、バックアップ専用に使っていますか? バックアップデータの削除はボリュームをフォーマットすることを推奨する情報を目にします。 Mac野郎なのかは、バックアップ以外のデータも置いています。 そのため、フォーマットするのは躊躇してしまいます。 手動で削除しようとゴミ箱に入れたらゴミ箱を空にすることができませんでした。 Finderからゴミ箱に入れることはできます。でも戻すことができません。 「バックアップ項目は変更できないため、操作を完了できません。」でお困りの方は、 こちらに復旧方法をまとめているので参考になれば幸いです。 ターミナルからsudo rm -rf バックアップフォルダというコマンドを打ち込めば消せるという情報があります。 操作ミスでストレージ全体を消去してしまうコマンドなので、オススメしにくいです。 Time Machine専用ユーテリティtmutilを使うのが正しい削除方法の1つです。 Time Machineバックアップデータをtmutilで削除する Time Machineでバックアップしたデータは、tmutil(Time Mach

Read more

関連カテゴリ・タグ:Time MachinemacOS Sierra(10.12)mac基本操作macコマンド

バックアップ項目は変更できないため、操作を完了できません。復旧方法の紹介です

ゴミ箱に入れたフォルダ・ファイルって消せないことがあるってご存知でしょうか? ゴミ箱を空にできないと困るので「戻す」操作で削除を取り消したいんですが、 「バックアップ項目は変更できないため、操作を完了できません。」 ってエラーが出て戻せないことがあります。 今回、「バックアップ項目は変更できないため、操作を完了できません。」となった場合に Finder(ゴミ箱)に頼らないで元に戻す方法をご紹介します。 Time Machineでバックアップしたデータはゴミ箱に捨ててはいけないと学びました・・・ 別のMacでバックアップに使っていたデータがあり、容量がいっぱいになってきたので削除しようとしました。 単純に削除しようとしたらうまくいかなかったので、 Time MachineのBackups.backupdbフォルダ内のフォルダをゴミ箱に入れてました。 ゴミ箱を空にしようとしたところ・・・ 「予期しないエラーが起きたため、操作を完了できません(エラーコード-8072)。」とか・・・失敗します。 これは困ったと、一旦元に戻そうと、ゴミ箱を開いて「戻す」操作をしたところ、 「バックアップ項目は変更

Read more

関連カテゴリ・タグ:Time MachinemacOS Sierra(10.12)macで困ったことmac基本操作

OSX El Capitanを確実にインストールする手順

この手順はmac野郎なのかのMacBook Pro(Retina, 13-inch,Late2012)の128GBモデルの環境下で、 確実にインストールする方法を追及した結果です。 違うモデルや、256GBモデルでは異なる場合があります。 注意事項何事にも失敗はあります。タイムマシンで外付けHDDなどにバックアップ済みであることを確認してください。OS X El Capitanインストール用にFlashドライブ(8GB以上)、またはUSBハードディスク(USB3.0推奨)が必要です。mac野郎なのかは、USBハードディスクを利用しました。 OSX El Capitanを確実にインストールする手順は、Macintosh HDドライブをまっさらな状態にしてしまう手順です。 再度、注意喚起します。 タイムマシンで外付けHDDなどにバックアップ済みであることを確認してください。 もし、外付けHDDなんてないよ、って方は、この方法は絶対に実施しないでください! 元に戻れなくなる可能性があります。 mac野郎なのかは、USB3.0HUB(トランセンドTS-HUB3K)に1TBのHDDを外付けで利用し

Read more

関連カテゴリ・タグ:OS X El Capitan(10.11)mac基本操作Time Machinemacのストレージ体験レビューmacのUSB

smbfs経由のTime Machine用ディスクは指定できない・・・ReadyShare!? Time Machine対応(AFP対応)のルーターが存在した!

Mountain Lionの頃、Windows7にネットワーク越しでTime Machineのバックアップを試し、 その不安定さに見事に玉砕しました。 今回2014/9/18にOS X Mavericks 10.9.5がリリースされ、 「SMBサーバ上にあるファイルへのアクセスの信頼性が向上します」 という謳い文句に心を惹かれ、久しぶりにWindows側へバックアップだ!と意気込みます。 ・・・ところが・・・ $ sudo tmutil setdestination -ap /Volumes/macbackup/MyMacBackup.sparsebundle /Volumes/macbackup/MyMacBackup.sparsebundle: Incompatible file system type: smbfs (error 45) The backup destination could not be added. ※:Windows側のspresebundle作成手順は、TimeMachine保存先をWindows共有フォルダへ。快適! とほぼ一緒です。 ※:/Volumes/mac

Read more

関連カテゴリ・タグ:Windows連携Time Machinemac周辺機器OS X Mavericks(10.9)

最近ちょっぴり気になっているAirMac Time Capsuleと外付けUSB SSD

アップル 2014年9月9日(日本時間10日午前2時)にイベントを行うそうです、iPhone6の発表+αと見られています。 最近、ちょっぴり気になっているのがAirMac Time Capsuleです。 iPhone6が想定通り発売されると11ac対応の機種になるはずです、 いま発売されているMacbook は11ac対応です。 そう、Mac野郎なのかの頭の中では、 ルーターを11ac化するタイミングで、AirMac Time Capsuleへ移行してしまおうという 考えが舞い降りてきています。 なぜAirMac Time Capsuleに注目するのか 11ac対応以外に、とっても重要なことは、 AFP3.0(Apple Filing Protocol)で通信できることです。 Sambaと違って、なにが凄いのか、よくわかりませんw 重要なことはapple 標準であることだと思っています。 以前、Windows側の共有ディスクにSambaプロトコルでバックアップすることを試みましたが、 バックアップの中身が破損する等、安心・安全を担保できる環境に至りませんでした。 そうなるとApple

Read more

関連カテゴリ・タグ:mac周辺機器macのWiFiTime Machine

Cannot Allocate Memory!? TimeMachine保存先をWindows共有後、新たな問題発生です

突然、バックアップで問題があると警告が発生し、TimeMachieのバックアップ失敗しました。 less /var/log/system.logを確認すると以下のようなエラーがわんさか吐き出されています。 mds[53]: (/Volumes/MyMacBackup/.Spotlight-V100/Store-V2/975E6C7A-AEEA-438C-804C-7FE8A6D6BF33)(Error) IndexGeneral in ssize_t fd_pread(fd_ptr, void *, size_t, off_t):pread(113 /Volumes/MyMacBackup/.Spotlight-V100/Store-V2/975E6C7A-AEEA-438C-804C-7FE8A6D6BF33/live.2.indexPostings, o:406000, s:65536) err:5 うぉぉぉなんだこれは!? 初期の状態 ー 意味不明なエラー、まずはFinderでアクセス ・smb接続先としているf$、およびMyMacBackup(タイムマシンイメージ)アイコンは  ディスクトッ

Read more

関連カテゴリ・タグ:Windows連携macで困ったことTime MachineOS X Mountain Lion(10.8)OS X Mavericks(10.9)OS X Yosemite(10.10)OS X El Capitan(10.11)macOS Sierra(10.12)

DNSサーバー不要で名前解決。さらにTimeMachineバックアップが快適になりました。

家庭内LANにwindows, mac等複数台のPCがある環境では、 固定IP(各PCのhostsファイルに登録)にしたり、 DHCPで発行されたIPをipconfigで確認してマシンを特定していました。 実は、これって不要だったんです。 必要要件 ・iTunes( Mac, Windowsともに)がインストール済み環境 ・FirewallでUDPポート5353を開いている 簡単ホスト名接続でTimeMachine保存先をWindows共有フォルダへ 1. ホスト名からIPアドレスを引くためにBonjourを使う iTunesがインストール済みPCには、Bonjour(ボンジュール)=mDNSResponderが 動いています。 mDNSResponderは、UDP ポート 5353を使用しています。 WindowsマシンOnlyの頃は、これはウィルスソフトか!?などと疑ったりしていましたw mDNSResponderは、 同一LAN内で動作しているデバイス同士であれば、 お互いにホスト名・ルーター割当済みIPアドレスを自動的に共有してくれます。 (各々のデバイスでmDNSResponderが

Read more

関連カテゴリ・タグ:Windows連携mac標準サービスTime MachineOS X Mountain Lion(10.8)Windows7

TimeMachine保存先をWindows共有フォルダへ。快適!

Windows共有フォルダはTimeMachine保存先対象外ですこの記事は2013年5月に投稿しました。 当ページへ来られた方は、大容量HDDをすでにWindowsで使っている、そこへTimeMachineのバックアップをしたい方だと思っています。   TimeMachineの保存先をWindows共有フォルダにすることは可能です。 ですが、   全く使い物になりません。   macOSが使うSMBプロトコルの機能がWindowsのファイル共有に実装されていないことが原因です。 Apple公式でも使えないと明言しています。 「Time Machine」では、iPod、iPad、iPhone、または Windows 用にフォーマットされたディスクにはバックアップを作成できません。 source:macOS Sierra: Time Machine に使用できるディスク macOS Sierraは、SMBを経由したバックアップに対応していますが・・・ source:Time Machine over SMB Specification このSMBを経由したバックアップがで

Read more

関連カテゴリ・タグ:Windows連携Time MachineWindows7共有macのストレージOS X Mountain Lion(10.8)

mac 外付けHDDの購入検討(HDD編)

Time Machine+データ用にUSB2.0の外付けHDD(※1)を使用しています。 Time Machineはバックグラウンドで地道にバックアップしてくれているので意識しないですが、 データ用にアクセスするともっさりしていたので、新しいデータ用HDDを物色することに・・ 予算は1万前後、HDDは容量は多いほどよい、持ち運ぶことも想定し、サイズは2.5インチ。 ディスク、インタフェースの候補は以下で検討! ディスク: ハイブリットHDD, 普通のHDD, インタフェース:Thunderbolt ! , USB3.0, Firewire 後でSSDにするならThunderboltと思いましたが、予算と折り合いがつきません。 Thunderbolt・Firewire製品は、ケース&ケーブルが高いですね><。 macのThunderboltのポートを活用したい!という野望達成は持ち越しだ。 ハイブリッドHDDは、SSDよりはずいぶん安いですが、ディスクだけで予算オーバとなるため 見送り、結局予算の関係で比較的安価なUSB3.0 + 普通のHDDに絞られます。 USB3.0の論理値は、5Gbps。

Read more

関連カテゴリ・タグ:macのストレージTime Machine

ページ 1