mac野郎なのか

macOS Sierra(10.12)に関する記事まとめ

macOS Sierra(10.12)に関する記事を最新順にまとめています。mac野郎なのかサイトは、iPhoneで復元できないをできるにするTipsや、MacでWindows使う・連携する、MacとiPhoneで便利になることを掲載しています。

macOS Sierra(10.12)に関する記事まとめ(最新順に並んでいます。)

macOS High SierraからSierraに戻す唯一の方法とTimeMachineは速いストレージを使った方がいいと思った理由

こちらの記事は、macOS High SierraからSierraに戻す内容です。APFS採用のmacOS High SierraからHFS+のSierraへダウングレードできるのか?疑問でした。SierraでバックアップしたTimeMachineディスクを使ったダウングレード方法をご紹介しています。 SierraからHigh Sierraへのインストールはこちらのhttp://fanblogs.jp/macyarounanoka/archive/296/0でご紹介しています。 9月27日にmacOS High Sierra ( OS X 10.13 )をMacBook Pro Retina Late2012へインストールしました。 macOS High Sierraのインストールした記事はこちらで詳しくご紹介しています。 今回、High SierraからSierraへ一旦戻すことにしました。その理由は、支障が出ているからです。こちらに書いていますが、どうやらMac野郎なのかが使っているLate2012とHigh Sierraの相性?が悪いらしくmacOSが固まって止まってしまう現象が発生しています

Read more

関連カテゴリ・タグ:macOS High Sierra(10.13)macOS Sierra(10.12)Time Machinemacのストレージ

macOS High Sierraの実力は?性能は?Sierraと徹底比較してみました

High Sierraにしたら遅くなるのか、速くなるのか、デメリットはないのか、このあたりが知りたいポイントかと思います。この記事では、実際にインストールしたHigh Sierraの実力をベンチマークから評価しています。Sierra(OSX 10.12.6)との比較もあるのでポイントがわかりやすいです。 macOS High Sierraは、METALからMETAL2へさらに洗練さえたGPU周りのパフォーマンス、HFS+からApple File System(APFS)へファイルシステムが変わります。 APFSは、無駄な重複ファイルを発生させないから空き容量が増やせるメリットがあります。実際にインストールしたところ25GB近く空き容量が増えました^^これは評価できるポイントではないでしょうか。 macOS High Sierraにより、Macユーザの皆様は、新しいコアストレージ、ビデオ、グラフィックスに関連した、様々なパワフルなテクノロジーが利用できるようになります。新しいファイルシステムによりストレージはより効率と信頼性が向上し、High-Efficiency Video Coding(HVEC)の

Read more

関連カテゴリ・タグ:macOS High Sierra(10.13)macOS Sierra(10.12)性能比較

Parallels Desktop 13 for Mac 新機能のまとめ

Parallels Desktop 13 for Macの新サービス、新機能まとめてご紹介しています。 写真はParallels Night Parallels Desktop 13 for Macで登壇していたParallels アジア太平洋地域 ジェネラルマネージャ ケビン・グリーリー氏 Parallels Desktop 13 for Mac 新機能のまとめ Parallels Desktop 13 for Mac 新機能を7つのポイントにまとめご紹介しています。 ポイント1 macOS High Sierra対応、Windows10 Fall Creators Update対応 今秋登場するmacOS High Sierra、Windows10 Fall Creators Updateに対応しています。 どちらも秋登場予定ですが、開発者はベータ版、Inside版をインストールすることができるので、登場前に対応済みになっています。 Windows10 Fall Creators UpdateでParallelsが注目している機能の1つがPeople Barでした。 Windows10では3人までし

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsmacでWindowsを動かすParallels Desktop 13macOS High Sierra(10.13)macOS Sierra(10.12)Parallels Desktop(パラレルス デスクトップ)

ひらがな入力から英字入力に戻せない!?再起動しないで直した方法【macos 10.12.6】

macを再起動するタイミングは、osのアップデートで強制再起動の場合だけ、スリープで常用しているmac野郎なのかです。 2017年7月22日にmacOS Sierra 10.12.6にアップデートしたタイミングで再起動しています。 英数キーを押しても、ひらがな入力モード状態のちょっとレアな現象に2017年7月29日出会いました。 かなキーを押しても、英数キーを押しても、アイコンが「A 英字」で「あ ひらがな」に変わらない 日本語入力中、英数キーを押して英数モードに切り替えても、日本語入力モードが続いてしまう。 Control+Shift+J、;でも同様に現象が発生する ひらがな入力から英字入力に戻せない!?再起動しないで直した方法 ひらがな入力から英字入力に戻せなくなった際、再起動しないで戻す方法を2つご紹介します。 原因は、根本的に直った方法から判断するとプログラム(アプリ)が影響を与えています。 1 メールや書類を作っている最中場合にとるべき手段 メールの返信やエクセル、ワード、キーノート、Pages、Numbersなどの書類を作成中に英字入力へ戻せなくなった・・・時間がないのでとりあえ

Read more

関連カテゴリ・タグ:macOS Sierra(10.12)macのトラブル・不具合

macでハイパースレッドをON/OFFする方法と確認方法

macでインテルのハイパースレッドの利用を停止する方法をご紹介しています。 IntelのCPUを搭載したMacBook/Air/Proは、ハイパースレッドが有効になっています。 macに搭載されるIntelCPUは、2つ以上のコアがあります。 コア=物理的なCPUの数です。 Intelのハイパースレッド(HT)技術は、1つのコアで仮想的なCPUコアを増やしてくれる技術です。 インテル ハイパースレッディング・テクノロジー (インテル HT テクノロジー) は 1 つのコアで複数のスレッドを同時に実行することにより、プロセッサーのリソースをより効率的に使用します。また、プロセッサーのスループットを高め、マルチスレッド・ソフトウェアの全体的なパフォーマンスを改善します。 インテル ハイパースレッディング・テクノロジー CPUコアは様々な演算をする機能が備わっています。通常フルに使っていないので、リソースを分けて使えるようにしたのがハイパースレッド(HT)です。 映像系の重たい処理などは、リソースをフルに使っている状態なので、 ハイパースレッドをOFFにした方が処理が早く終わることがあります。 mac

Read more

関連カテゴリ・タグ:mac基本操作macのアプリレビューmacコマンドmacOS Sierra(10.12)

Bitdefender Virus ScannerはmacOS Sierraで使えるの?

Virus Scanner Plusってご存知でしょうか? Bitdefenderエンジンでリアルタイム検査に対応したウィルス対策ソフトです。 価格は3,600円でApp Store購入できます。 同じAppleIDを使えば複数台のMacでも使えますし、ファミリー共有に対応しているのでファミリーIDでも利用できるのがメリットです。 アプリを購入してまともに動かなかったら怖いので、 このVirus Scanner Plusからリアルタイム検査機能などを除いた無料版Bitdefender Virus Scannerを使って評価してみるのが確実ですね! App Storeで購入できるVirus Scanner以外では、ZEROスーパーセキュリティ(ソースネクスト)でもMac版が無制限で利用できます。 macで動くBitdefenderエンジンを搭載したウィルス対策アプリは全部で3つあるということになります。 比較表:macで動くBitdefenderエンジンを搭載したウィルス対策アプリZERO スーパーセキュリティVirus Scanner PlusVirus Scanner 価格2,

Read more

関連カテゴリ・タグ:macOS Sierra(10.12)macのウィルス対策macのアプリレビュー

mac標準機能でWindows互換のZIPファイルを作成する方法【日本語対応】

macで送ったZIPファイルを解凍しても、文字化けなし、__MACOSフォルダはない、テキストもしっかり改行しています。 それなのにこんな問い合わせ受けたことありませんか? ZIPファイルが文字化けしていて読めないとクラアントさんからクレームを受けた __MACOSXフォルダは何の意味があるの?と問い合わせを受けた もらったZIPファイルをすべて展開すると予期しないエラーになって解凍できない テキストファイルが詰まっていて読みにくい。 macOSでは全く問題ないのになぜ? メールで送ると文字化けしちゃうの!? これ全部macOS特有の問題です。問い合わせたクラアントさんが正しいです。 クライアントさんの環境がWindowsの場合、文字化けや解凍できないなどの問題が発生します。 macOSには、フォルダやファイルを右クリック(2本指でタップ)するとZIP形式の圧縮ができる機能が備わっています。 フォルダを対象した圧縮ファイルを作成したZIPファイルをクライアントさんへ送っていませんか? __MACOSXフォルダが作られています。日本語が含まれるファイルはWindowsで文字化けします。 ターミ

Read more

関連カテゴリ・タグ:mac基本操作macで困ったこと大変困ったことmacでWindowsを動かすmacOS High Sierra(10.13)macOS Sierra(10.12)OS X El Capitan(10.11)OS X Yosemite(10.10)

macではVMwareの無料版がありません。ParallelsならLiteがあります。

macOS上でWindowsOSを動かし放題のソフトといえば、 無料のVirtual Box、 有料のVMWare Fusion、 有料のParallels Desktopが3大メジャーです。 UbuntuやCentOSなどLinux系を動かしたい方は、xhyveもあります。 macのハードウェアにWIndowsをインストールするBoot Campも標準で使うことができます。 Windowsの仮想OS環境 Windowsの仮想OSは、無料でちょっと難しいHyper-V、個人利用なら無料のVMware Workstation Player、無料のVirtual Box、VirtualPC(Windows8以降使えません)が有名です。 Windows10でBashが動くBash On Ubuntu On Windowsもほぼ標準で利用できます。 個人利用なら無料のVMware Workstation PlayerのWindows版があるなら、mac版もあるんじゃないかって当然思いつき

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsmacでWindowsを動かすVMware Fusion(フュージョン)Parallels Desktop(パラレルス デスクトップ)macOS Sierra(10.12)macOS High Sierra(10.13)

Time Machineバックアップデータの正しい削除方法

Time Machine用のHDDボリューム、バックアップ専用に使っていますか? バックアップデータの削除はボリュームをフォーマットすることを推奨する情報を目にします。 Mac野郎なのかは、バックアップ以外のデータも置いています。 そのため、フォーマットするのは躊躇してしまいます。 手動で削除しようとゴミ箱に入れたらゴミ箱を空にすることができませんでした。 Finderからゴミ箱に入れることはできます。でも戻すことができません。 「バックアップ項目は変更できないため、操作を完了できません。」でお困りの方は、 こちらに復旧方法をまとめているので参考になれば幸いです。 ターミナルからsudo rm -rf バックアップフォルダというコマンドを打ち込めば消せるという情報があります。 操作ミスでストレージ全体を消去してしまうコマンドなので、オススメしにくいです。 Time Machine専用ユーテリティtmutilを使うのが正しい削除方法の1つです。 Time Machineバックアップデータをtmutilで削除する Time Machineでバックアップしたデータは、tmutil(Time Mach

Read more

関連カテゴリ・タグ:Time MachinemacOS Sierra(10.12)mac基本操作macコマンド

バックアップ項目は変更できないため、操作を完了できません。復旧方法の紹介です

ゴミ箱に入れたフォルダ・ファイルって消せないことがあるってご存知でしょうか? ゴミ箱を空にできないと困るので「戻す」操作で削除を取り消したいんですが、 「バックアップ項目は変更できないため、操作を完了できません。」 ってエラーが出て戻せないことがあります。 今回、「バックアップ項目は変更できないため、操作を完了できません。」となった場合に Finder(ゴミ箱)に頼らないで元に戻す方法をご紹介します。 Time Machineでバックアップしたデータはゴミ箱に捨ててはいけないと学びました・・・ 別のMacでバックアップに使っていたデータがあり、容量がいっぱいになってきたので削除しようとしました。 単純に削除しようとしたらうまくいかなかったので、 Time MachineのBackups.backupdbフォルダ内のフォルダをゴミ箱に入れてました。 ゴミ箱を空にしようとしたところ・・・ 「予期しないエラーが起きたため、操作を完了できません(エラーコード-8072)。」とか・・・失敗します。 これは困ったと、一旦元に戻そうと、ゴミ箱を開いて「戻す」操作をしたところ、 「バックアップ項目は変更

Read more

関連カテゴリ・タグ:Time MachinemacOS Sierra(10.12)macで困ったことmac基本操作

ページ 1