mac野郎なのか

macのストレージに関する記事まとめ

macのストレージに関する記事を最新順にまとめています。mac野郎なのかサイトは、iPhoneで復元できないをできるにするTipsや、MacでWindows使う・連携する、MacとiPhoneで便利になることを掲載しています。

macのストレージに関する記事まとめ(最新順に並んでいます。)

macOS High SierraからSierraに戻す唯一の方法とTimeMachineは速いストレージを使った方がいいと思った理由

こちらの記事は、macOS High SierraからSierraに戻す内容です。APFS採用のmacOS High SierraからHFS+のSierraへダウングレードできるのか?疑問でした。SierraでバックアップしたTimeMachineディスクを使ったダウングレード方法をご紹介しています。 SierraからHigh Sierraへのインストールはこちらのhttp://fanblogs.jp/macyarounanoka/archive/296/0でご紹介しています。 9月27日にmacOS High Sierra ( OS X 10.13 )をMacBook Pro Retina Late2012へインストールしました。 macOS High Sierraのインストールした記事はこちらで詳しくご紹介しています。 今回、High SierraからSierraへ一旦戻すことにしました。その理由は、支障が出ているからです。こちらに書いていますが、どうやらMac野郎なのかが使っているLate2012とHigh Sierraの相性?が悪いらしくmacOSが固まって止まってしまう現象が発生しています

Read more

関連カテゴリ・タグ:macOS High Sierra(10.13)macOS Sierra(10.12)Time Machinemacのストレージ

850EVO(MZ-75E500B)のUSB3.0(Gen1)接続時の速度と評価

V-NAND SamsungSSD 500GBモデル850EVO MZ-75E500B/ECOを購入し、MacBook Pro Retina Mid2015で使い始めました。SSDケースと合わせてMid2015(mac)で使う850EVOを評価してみました。SSDケースは、Transcend StoreJet 25S3(USB3.0アルミニウム製 TS0GSJ25S3)をチョイスしています。 Mid2015はType-C(Gen2)、Thunderbolt3ポートがないため、USB3.0(Gen1)接続で最大5Gbpsの転送速度が最速です。 SSDは軽量!amazonの簡易パッケージでも良かったです SSDの方は、amazonの簡易パッケージでした。 梱包材(空気袋?)のほか、ダンボールでガードされている感じだったことと、SSD自体が超軽いので簡易パッケージでも大丈夫でした。 MZ-75E500B/ECOを選んだ理由 Crucial CT525MX300SSD1/JPを購入しようとしていました。SSDやSamsungを選んだ理由は以下のように大したものではないです。 HDDの空き容量が少なくなる

Read more

関連カテゴリ・タグ:mac周辺機器購入レビューmacのストレージUSB3.0性能比較

macの外付けHDDが遅い!HFS+の速度を改善するたった1つのポイント

macの外付けHDDが劇遅になっていたことに気がついたmac野郎なのかです。 USB3.0接続ポータブルHDD購入当初は速かったのに、最近書き込みが遅い、読み込みが遅いと感じることありませんか? mac野郎なのかのリアルな体験から得たUSB HDDの速度改善するたった1つのポイントをご紹介します。 「macのUSB3.0外付けHDDの読み書き速度が80%以上の性能ダウン」、 「HFS+の速度を改善するたった1つのポイント」の順にご紹介します。   macのUSB3.0外付けHDDの読み書き速度が80%以上の性能ダウン MacBook Pro Retina Mid2015のUSB3.0に、以下HDDを接続して利用しています。 HGTSの2.5インチ 1TB HDD(7200rpm)をセンチュリーのシンプルBOX2.5のUSB3.0HDDケースに入れて使っています。   購入当初、シーケンシャルリード:102.0MB/s、ライト:100.4MB/sで満足していました。 source:mac 外付けHDDの購入検討(HDDケース編)   最近なんか遅い、と感じるようになり、 簡

Read more

関連カテゴリ・タグ:macのストレージUSB3.0macのアプリレビューmacOS Sierra(10.12)

【Parallels所有者必見!?】macでNTFS書き込みするもう一つの方法

外付けUSB3.0 1TB HDDの容量の空きが少ない状況になりつつあるMac野郎なのかです。 1TBのHDDは、以下のような状況になっています。 Share (Mac OS拡張) 主にバックアップでほぼフル Windows(NTFS) 外付けDiskからBootcampを使わずにWIndowsを起動した過去の遺産 work(Mac OS拡張)いろんな雑多な用途に利用中 利用率90%を超えた・・・ Macintosh HD1(Mac OS拡張) MarvericksからEl Capitanへ移行する際のバックアップ(もういらないね・・・) Install OS X El Capitan(Mac OS拡張) El Capitanをクリーンインストールするために用意(もういらないね・・・) Macで読み書きできるMac OS拡張フォーマットのパーティション、Shareもworkもフルに近い状況です。 一方、268.44GB割り当てたWindows(NTFSフォーマット)パーティションは、 NTFSのためMacから書き込みできない=ほぼ使っていない死蔵状態です。 250GBを超えるパーティションを使わな

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsmacでWindowsを動かすWindows10macOS Sierra(10.12)Parallels Desktop(パラレルス デスクトップ)Parallels Desktop 11macのストレージ

OSX El Capitanを確実にインストールする手順

この手順はmac野郎なのかのMacBook Pro(Retina, 13-inch,Late2012)の128GBモデルの環境下で、 確実にインストールする方法を追及した結果です。 違うモデルや、256GBモデルでは異なる場合があります。 注意事項何事にも失敗はあります。タイムマシンで外付けHDDなどにバックアップ済みであることを確認してください。OS X El Capitanインストール用にFlashドライブ(8GB以上)、またはUSBハードディスク(USB3.0推奨)が必要です。mac野郎なのかは、USBハードディスクを利用しました。 OSX El Capitanを確実にインストールする手順は、Macintosh HDドライブをまっさらな状態にしてしまう手順です。 再度、注意喚起します。 タイムマシンで外付けHDDなどにバックアップ済みであることを確認してください。 もし、外付けHDDなんてないよ、って方は、この方法は絶対に実施しないでください! 元に戻れなくなる可能性があります。 mac野郎なのかは、USB3.0HUB(トランセンドTS-HUB3K)に1TBのHDDを外付けで利用し

Read more

関連カテゴリ・タグ:OS X El Capitan(10.11)mac基本操作Time Machinemacのストレージ体験レビューmacのUSB

OSX El Capitanを確実にインストールする方法

Yosemite 10.10.5からOSX El Capitan 10.11のアップグレードに失敗したmac野郎なのかです。 mac野郎なのかはMacBook Pro(Retina, 13-inch, Late2012 2.5GHz/8GB/128GB) + Yosemiteで、 Karabina, seil(Keyboard系ツール)KasperskyOffice365(Office 2011 for Mac)Parallels Desktop 11などを常用していまた。 Yosemite 10.10.5からアップグレードしたところ、まともにログインできない状況に陥りましした。 本当に困りました・・・ 土日を使ってOSX El Capitan 10.11にアップグレードしました。 いろいろ失敗したので、確実にインストールする方法が見えてきました。 この記事は、OSX El Capitan 10.11から投稿しています (普通にログインできるようになりました) OSX El Capitan 10.11を確実に、しかも正常起動させる方法はコレです 「ドライブを消去して OS X をインストー

Read more

関連カテゴリ・タグ:OS X El Capitan(10.11)mac基本操作macのストレージ体験レビュー

OS X El Capitanをクリーンインストールする方法

OSX 10.10.5 YosemiteからEl Capitanへのアップグレードに失敗したmacyarounanokaです。 参考記事:「OSX EL Capitan・・・致命的な状況です。」 かなり凹みました。乙です。 直接的な原因は不明ですが、間接的にはSSDに不良ブロックが発生したため、 アクセスできない領域が発生、そこに重要なファイルがあって、消失していしまった。 と推測しています。 fsckでリペアできない情報が出てきていることに、衝撃を受けています。 =>そろそろSSDやばいのかぁ・・・ ディスクユーティリティーの「ディスクを修復」で失敗したことも、心理的に凹んでいる要因です。 =>2度目で正常な結果になりましたが、そいうことではないんです。   きっとおかしくなり始めています・・・ どこまでクリーンになるのかは未知数ですが、一旦フォーマットする必要を感じています。 Machintosh HDディスクを丸ごとフォーマットです。 最新のOSXをクリーンな状態でインストールする手順とは? http://osxdaily.com/2015/10/01/clean-install-o

Read more

関連カテゴリ・タグ:OS X El Capitan(10.11)mac基本操作macのストレージ体験レビュー

mac Windowsを外付けHDD・SSDにインストール&起動する Part2

Part1の続きです。 Part1 準備:必要メディアの入手 Part2 準備:USBフラッシュメモリにISOを書き込む Part3 WindowsOSのインストール Part1に引き続いて、Windows8をインストールします。 3. WindowsOSのインストール(Windows8 Enterprise) USBポート2つ使います。 USBポート2つ、未使用状態にしてください。 Windows8のISOを書き込んだUSBフラッシュメモリを差し込みます。 現在の状態 PORT1: USBフラッシュメモリを差し込んだ状態 PORT2: 未使用 3.1 コマンドプロンプトの起動 MacOSを再起動してください。 OPTIONキーを押しっぱなしにします。 この画面が表示されたら、OPTIONキー離して大丈夫です。 矢印キーまたは、トラックパッドでWindowsアイコンを選択状態にして、 リターンキーまたは、クリックで確定させます。 Windows8のインストーラが起動します。USBフラッシュメモリ経由なので、 若干時間がかかります。 キーボードの設定後の画面で、「コンピュータを修復する

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsmacでWindowsを動かすBootCampWindows8mac標準サービスmacのストレージmacのUSBOS X Mountain Lion(10.8)

mac Windowsを外付けHDD・SSDにインストール&起動する Part1

BootCampアシスタントでWindowsOSをインストールする場合、 内蔵SSDにWIndowsOSの確保が必須です。 内蔵SSDの容量が少ない128GBモデルを購入したMac野郎なのかは、非常に困惑しました。 WindowsOSに40GBは確保しておきたい=残り88GBの容量、全体容量の1/3・・・ そこで、内蔵SSDを使わずにWindowsをMac Book Pro Retina で動かす方法を 模索します。 MacでWindowsを動かす方法 BootCamp 内蔵SSDを消費しますが、ネイティブで動かせるのが魅力的。Macででありながら、Windowsノートに変身できます。 Thunderbolt外付けストレージがあれば、内蔵SSDを使わないですむようです。 Thunderbolt製品持っていないので・・・ VirtualBox/Parallels 外部ストレージ上にイメージを確保すればいけそうな感じです。 Mac OS上でWindowsを動かすことになります。Macで資料を見ながら、Windowsで作業 なんてことが可能です。ただし、それなりにCPU/Memoryに負担あります。 Rem

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsmacでWindowsを動かすBootCampWindows8mac標準サービスmacのストレージmacのUSBOS X Mountain Lion(10.8)

TimeMachine保存先をWindows共有フォルダへ。快適!

Windows共有フォルダはTimeMachine保存先対象外ですこの記事は2013年5月に投稿しました。 当ページへ来られた方は、大容量HDDをすでにWindowsで使っている、そこへTimeMachineのバックアップをしたい方だと思っています。   TimeMachineの保存先をWindows共有フォルダにすることは可能です。 ですが、   全く使い物になりません。   macOSが使うSMBプロトコルの機能がWindowsのファイル共有に実装されていないことが原因です。 Apple公式でも使えないと明言しています。 「Time Machine」では、iPod、iPad、iPhone、または Windows 用にフォーマットされたディスクにはバックアップを作成できません。 source:macOS Sierra: Time Machine に使用できるディスク macOS Sierraは、SMBを経由したバックアップに対応していますが・・・ source:Time Machine over SMB Specification このSMBを経由したバックアップがで

Read more

関連カテゴリ・タグ:Windows連携Time MachineWindows7共有macのストレージOS X Mountain Lion(10.8)

ページ 1