mac野郎なのか

mac周辺機器に関する記事まとめ

mac周辺機器に関する記事を最新順にまとめています。mac野郎なのかサイトは、iPhoneで復元できないをできるにするTipsや、MacでWindows使う・連携する、MacとiPhoneで便利になることを掲載しています。

mac周辺機器に関する記事まとめ(最新順に並んでいます。)

850EVO(MZ-75E500B)のUSB3.0(Gen1)接続時の速度と評価

V-NAND SamsungSSD 500GBモデル850EVO MZ-75E500B/ECOを購入し、MacBook Pro Retina Mid2015で使い始めました。SSDケースと合わせてMid2015(mac)で使う850EVOを評価してみました。SSDケースは、Transcend StoreJet 25S3(USB3.0アルミニウム製 TS0GSJ25S3)をチョイスしています。 Mid2015はType-C(Gen2)、Thunderbolt3ポートがないため、USB3.0(Gen1)接続で最大5Gbpsの転送速度が最速です。 SSDは軽量!amazonの簡易パッケージでも良かったです SSDの方は、amazonの簡易パッケージでした。 梱包材(空気袋?)のほか、ダンボールでガードされている感じだったことと、SSD自体が超軽いので簡易パッケージでも大丈夫でした。 MZ-75E500B/ECOを選んだ理由 Crucial CT525MX300SSD1/JPを購入しようとしていました。SSDやSamsungを選んだ理由は以下のように大したものではないです。 HDDの空き容量が少なくなる

Read more

関連カテゴリ・タグ:mac周辺機器購入レビューmacのストレージUSB3.0性能比較

【Apple新製品登場】MacBookPro RetinaのThunderbolt2ポートが活用できるようになりました

Late2013のSSDがパンパンになってきたから、外付けSSD買っちゃおうか、でもUSB3.0じゃSSDのメリットは活かせないし、USB3.0に比べるとThunderbolt2のSSDは高いし、と悩んでいるかもしれません。 また、 MacBookPro Retina Late2016は、すべてのポートがThunderbolt3になりました。USB3.0ありません、Thunderbolt1/2ポートありません。 MacBook Pro Retinaを新調することを考えると、 速いUSB3.1 Type-Cの製品を購入しておきたいけど、Late2012対応していないからなぁってお悩みかもしれません。 こんな悩みを見事に解決してくれるものは今までありませんでした。 2016/10にThunderbolt3ポートのMacBook Pro Retina Late2016が発売され状況が変わりました。 Thunderbolt(1/2)→Thunderbolt 3(USB-C)アダプターがアップルで販売開始しています!Late2012でも、Late2013でも、Mid2015でも活用できます!

Read more

関連カテゴリ・タグ:macのハードウェアmac周辺機器これいいね!Thunderbolt3Thunderbolt2

macbook pro retina late 2015の期待 Thunderbolt 3は、「USB Type-C」コネクタ!40Gbps!第5世代「Core」はNVIDIA GeForce 940Mに匹敵する「Iris Pro 6200」搭載

Computex 2015にて、 Thunderbolt3は、USB 3.1のスーパーセットとしてリリース予定であることが明らかになりました。 「Thunderbolt 3」が最新規格「USB Type-C」とポートを統一する予定 (参考:CNET インテル、「Thunderbolt 3」を発表--「USB Type-C」コネクタを採用して40Gbps http://japan.cnet.com/news/service/35065352/ ) 最大転送速度40Gbps、民生品ケーブルを使ったデータ転送経路としては最速規格となることは間違いありません。 規格上、1秒間に5Gバイトの転送が可能になります。 (実効速度はもう少し遅くなるはずです) Serial ATA 3.0の規格上の最大転送速度は6Gbpsなので、SSDの複数台運用も余裕でこなしてくれそうです。 40Gbpsは高解像度化が著しいディスプレイ用途で進化を発揮? 4Kディスプレイ、5Kディスプレイなどディスプレイの高解像度化が著しいです。 放送用に主に使われる予定の4Kは、2160pとなります。 2160pは、ディスプレイ・動画の解像

Read more

関連カテゴリ・タグ:mac周辺機器2016年モデル2017年モデルUSB3.1 Type-CThunderbolt3

smbfs経由のTime Machine用ディスクは指定できない・・・ReadyShare!? Time Machine対応(AFP対応)のルーターが存在した!

Mountain Lionの頃、Windows7にネットワーク越しでTime Machineのバックアップを試し、 その不安定さに見事に玉砕しました。 今回2014/9/18にOS X Mavericks 10.9.5がリリースされ、 「SMBサーバ上にあるファイルへのアクセスの信頼性が向上します」 という謳い文句に心を惹かれ、久しぶりにWindows側へバックアップだ!と意気込みます。 ・・・ところが・・・ $ sudo tmutil setdestination -ap /Volumes/macbackup/MyMacBackup.sparsebundle /Volumes/macbackup/MyMacBackup.sparsebundle: Incompatible file system type: smbfs (error 45) The backup destination could not be added. ※:Windows側のspresebundle作成手順は、TimeMachine保存先をWindows共有フォルダへ。快適! とほぼ一緒です。 ※:/Volumes/mac

Read more

関連カテゴリ・タグ:Windows連携Time Machinemac周辺機器OS X Mavericks(10.9)

最近ちょっぴり気になっているAirMac Time Capsuleと外付けUSB SSD

アップル 2014年9月9日(日本時間10日午前2時)にイベントを行うそうです、iPhone6の発表+αと見られています。 最近、ちょっぴり気になっているのがAirMac Time Capsuleです。 iPhone6が想定通り発売されると11ac対応の機種になるはずです、 いま発売されているMacbook は11ac対応です。 そう、Mac野郎なのかの頭の中では、 ルーターを11ac化するタイミングで、AirMac Time Capsuleへ移行してしまおうという 考えが舞い降りてきています。 なぜAirMac Time Capsuleに注目するのか 11ac対応以外に、とっても重要なことは、 AFP3.0(Apple Filing Protocol)で通信できることです。 Sambaと違って、なにが凄いのか、よくわかりませんw 重要なことはapple 標準であることだと思っています。 以前、Windows側の共有ディスクにSambaプロトコルでバックアップすることを試みましたが、 バックアップの中身が破損する等、安心・安全を担保できる環境に至りませんでした。 そうなるとApple

Read more

関連カテゴリ・タグ:mac周辺機器macのWiFiTime Machine

USB3.0HUBを経由してUASP接続はできるのか?

「Mac セルフパワー&バスパワー対応のUSB3.0ハブを購入するならどれがいい?」の記事で トランセンド TS-HUB3K を購入しました。 手元に届いたので、まずは外見から・・・ 外箱にMade in China 本体とUSBケーブルとACアダプター ACアダプタは、 ModelNo. : WA-18Q12R INPUT: 100-240V 50-60Hz , 0.5A MAX OUTPUT: 12V 1.5A (こちらもMade in Chinaデス) 本体は以外と小さめです。(タバコの箱より一回り小さい) 比較のため、iPhone5(無印)と一緒に撮影しました。 高さは、2.5inchハードディスクケースと同等でした。 用途がよくわかっていませんが、AC電源、プラグの部分が脱着可能でした。 ACアダプタの真ん中ぐらいに押しボタンがあります。そこを押すと外せました。 通常がっちりはまっているので、外れる事はなさそうです。 気になるUASP対応HDDをTS-HUB3Kにつなげてみる CenturyシンプルBOX 2.5 USB3.0 SATA 6Gを接続しました。 グリーン色で発

Read more

関連カテゴリ・タグ:mac周辺機器macのUSBUSB3.0

Mac セルフパワー&バスパワー対応のUSB3.0ハブを購入するならどれがいい?

Macbook Pro retina、USBポート2つありますが、 Mac野郎なのか的には、常時3つほどUSBポートが必要な環境になりつつあります。 慢性的なUSBポート不足に対応するためUSBハブを購入することに決めました。 Mac(Mavericks) USB3.0ハブを検討する。 購入するハブに求める要件は、以下です。 USB3.0のハブ HDDも接続したいのでセルフパワー対応 iPadも充電できたらいいなぁ HDDをUASPで利用したいなぁ USBハブの種類は、3種類 USBハブは、大きく3種類あるようです。 バスパワーのみの製品:本体のUSBポートから給電される範囲でUSB機器の電力を補う。 メリット:軽い、小さい。 デメリット:USBHDD等、電力不足で動作できないUSB機器がある セルフパワーのみの製品:ACアダプタで給電し、接続するUSB機器の電力を補う。 メリット:電力不足の不安が少ない。 デメリット:常にコンセントが必要。モバイル用途は厳しい バスパワー&セルフパワー両方対応の製品:両方に対応している。 メリット:モバイル時に低電力なUSB機器が使える、セルフパワーでHDDなども常用

Read more

関連カテゴリ・タグ:mac周辺機器macのUSBUSB3.0

mac 外付けHDDの購入検討(HDDケース編)

USB3.0+2.5インチ+HDDケースは、前から気になっていたUASP対応製品で 発売間もない新製品、CenturyのシンプルBOX 2.5 USB 3.0 SATA 6Gに決めました。 USB3.0接続の場合緑 (みどり)、 USB2.0接続の場合青 (あお)でLEDで接続状態が確認できます。 早速購入し、速度を確認!DiskSpeed Testを使いました。 BlackmagicDesign DiskSpeed Testの結果 接続デバイス5G シーケンシャルRead5GシーケンシャルWrite旧 USB2.0 + SATA2 + 5200rpm 37.9MB/s38.1MB/s新 USB3.0 + SATA3 + 7200rpm 102.0MB/s100.4MB/s XBench1.3を使って確認してみましたが、シーケンシャルR/Wはほぼ同じ数値でした。 USB2.0に比べると約2.5倍 のスピードアップ!(*^?^) 3倍はいってほしかったかも。 旧HDD&ケースでは、 ケースを触ると振動を感じます。接続時、スピンハンドルの音、その後ブゥゥーという音が 聞こえます。 新HDD&

Read more

関連カテゴリ・タグ:mac周辺機器購入レビューmacのストレージOS X Mountain Lion(10.8)

ページ 1