mac野郎なのか

性能比較に関する記事まとめ

性能比較に関する記事を最新順にまとめています。mac野郎なのかサイトは、iPhoneで復元できないをできるにするTipsや、MacでWindows使う・連携する、MacとiPhoneで便利になることを掲載しています。

性能比較に関する記事まとめ(最新順に並んでいます。)

Parallels Desktop 13のWindows10性能は?Touch Bar対応は?【macOS High Sierra】

macOS High Sierraに対応したParallels Desktop 13でWindows10の性能はどんな感じなのか?BootCamp比較でどの程度の実力があるのか?Parallels Desktop 11からアップグレードしたほうがいい?MacBook Pro Retina Late2012で評価したParallels Desktop13の性能やTouch Bar対応の見た目がわかります。 Parallels Desktop 13は、macOS High Sierra 10.13、macOS Sierra 10.12.5 、OS X El Capitan 10.11.6 、OS X Yosemite 10.10.5上でWindows10を始め様々なOSを動かすことができます。 当ページでは、Parallels Desktop 13があると便利になるポイントやBootCampのWindows10との比較、TouchBar対応の新機能のレビューをご紹介しています。ベンチマークソフトは無償のものを利用しています。旧バージョンをお持ちの方で、Parallels Desktop 13にしようかどうか

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsParallels Desktop 13macOS High Sierra(10.13)Windows10体験レビューBootCamp性能比較

VMware Fusion10で動かすWindows10のレビュー【macOS High Sierra】

macOS High Sierra上のVMware Fusion10.0.1で動かすWindows10の性能は?VMware Fusion10のMetalAPI対応、TouchBar対応ってどんな感じ?BootCampの方がいいの?MacBook Pro Retina Late2012で実際に動作させた実力がわかります。 VMWare Fusion10は、macOS High Sierra、Sierra、OSX El Capitan、Sierra上でWindows10を始め様々なOSを動かすことができます。 当ページでは、VMware Fusion10があると便利になるポイントやBootCampのWindows10との比較、MetalAPI対応やTouchBar対応の新機能を採用したVMware Fusion10のレビューをご紹介しています。ベンチマークソフトは無償のものを利用しています。旧バージョンをお持ちの方で、VMwara Fusion10にしようかどうかお悩みの方は、ご自身の環境で試してこの記事の結果と比較して見てください。 またVMware Fusion10自体評価版があります。メールアドレス等

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsVMware Fusion 10macOS High Sierra(10.13)Windows10体験レビューBootCamp性能比較

BootCampで動かすWIndows10の性能【macOS High Sierra】

macOS High SierraのBootCampアシスタントでAPFSボリュームにWindows 10(Insider版)を実際に入れて見ました。この記事でmacのBootCamp Windows10の性能やメリット、デメリット、Windows10 Insider Preview(ISO)の入手方法、BootCampを使ったWindows10のインストール方法がわかります。 【目次】 1 BootCampのメリット 2 BootCampのデメリット 3 BootCampで動かすWIndows10の性能 3−1 Windows エキスペリエンススコア 3−2 CPUや2Dグラフィックス性能 3−3 ストレージの性能 3−4 3Dグラフィックスの性能 4 Windows10 Insider Previewの64bit版ISOファイルを入手する 5 【macOS High Sierra】BootCampアシスタントでWindows環境を構築する 5−1 Windows インストールディスクの作成 【macOS High Sierra Boot Campアシスタント】 5−1−1 ステップ1 Boot C

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsを動かすBootCampWindows10性能比較

macOS High Sierraの実力は?性能は?Sierraと徹底比較してみました

High Sierraにしたら遅くなるのか、速くなるのか、デメリットはないのか、このあたりが知りたいポイントかと思います。この記事では、実際にインストールしたHigh Sierraの実力をベンチマークから評価しています。Sierra(OSX 10.12.6)との比較もあるのでポイントがわかりやすいです。 macOS High Sierraは、METALからMETAL2へさらに洗練さえたGPU周りのパフォーマンス、HFS+からApple File System(APFS)へファイルシステムが変わります。 APFSは、無駄な重複ファイルを発生させないから空き容量が増やせるメリットがあります。実際にインストールしたところ25GB近く空き容量が増えました^^これは評価できるポイントではないでしょうか。 macOS High Sierraにより、Macユーザの皆様は、新しいコアストレージ、ビデオ、グラフィックスに関連した、様々なパワフルなテクノロジーが利用できるようになります。新しいファイルシステムによりストレージはより効率と信頼性が向上し、High-Efficiency Video Coding(HVEC)の

Read more

関連カテゴリ・タグ:macOS High Sierra(10.13)macOS Sierra(10.12)性能比較

850EVO(MZ-75E500B)のUSB3.0(Gen1)接続時の速度と評価

V-NAND SamsungSSD 500GBモデル850EVO MZ-75E500B/ECOを購入し、MacBook Pro Retina Mid2015で使い始めました。SSDケースと合わせてMid2015(mac)で使う850EVOを評価してみました。SSDケースは、Transcend StoreJet 25S3(USB3.0アルミニウム製 TS0GSJ25S3)をチョイスしています。 Mid2015はType-C(Gen2)、Thunderbolt3ポートがないため、USB3.0(Gen1)接続で最大5Gbpsの転送速度が最速です。 SSDは軽量!amazonの簡易パッケージでも良かったです SSDの方は、amazonの簡易パッケージでした。 梱包材(空気袋?)のほか、ダンボールでガードされている感じだったことと、SSD自体が超軽いので簡易パッケージでも大丈夫でした。 MZ-75E500B/ECOを選んだ理由 Crucial CT525MX300SSD1/JPを購入しようとしていました。SSDやSamsungを選んだ理由は以下のように大したものではないです。 HDDの空き容量が少なくなる

Read more

関連カテゴリ・タグ:mac周辺機器購入レビューmacのストレージUSB3.0性能比較

VMware Fusion8.5とParallels Desktop 12を徹底比較

現在Parallels Desktop 11をMacBook Pro Retina 15inch Mid2015で使っているMac野郎なのかです。 macOS Sierra+Windows10Proが同時に実行できるので、どちらかの優れたアプリを補完しあえるのがとってもいいです。   今回は、最新バージョンのVMware Fusion 8.5とParallels Desktop 12とを徹底比較します。   もし、古いバージョンをお望みならこちらの記事「Parallels11とFusion8を徹底比較!」にまとめています。   古いバージョンは、外付けハードディスクに仮想OSをインストールして挙動を確認しています。 今回は、内蔵SSDに仮想OSを配置して挙動を確認しています。   古いバージョンと比較すると良くなったものもあれば、悪くなったものもあります。前回はYosemiteで評価しました。今回はmacOS Sierraで評価しています。同一ハードウェアですが、OSも違ったりしていることも要因として考えられます。     mac歴よりも、win

Read more

関連カテゴリ・タグ:性能比較macでWindowsmacでWindowsを動かすWindows10VMware Fusion 8.5Parallels Desktop 12VMware Fusion(フュージョン)Parallels Desktop(パラレルス デスクトップ)macOS Sierra(10.12)

macのウィルス対策は必要だけど無料版でも良いんじゃないの?

macOS SierraにもXProtectと呼ばれるAppleのマルウェア対策機能が盛り込まれています。 どんな種類のマルウェアに有効なのか、どんな機能を持っているのか等公開されていないのでよくわかりません。 メールや不正広告から感染するランサムウェアは、ファイルを暗号化し、表示できなくして身代金を要求するマルウェアです。 セキュリティが強化されたmacOS Sierraで感染するのか、XProtectが対処してくるのか、よくわかりません。 よくわからないので、結局ウィルス対策ソフトが必要っていう結論になります(笑) Kaspersky、ESET、bitdefender(スーパーセキュリティー for Mac)など使ってきて、現在 bitdefender(スーパーセキュリティー for Mac)を愛用しています。 Late2012を長く使ってきて、bitdefenderはLate2012で動作しています。 Mid2015を買いまししてしまったので、何かしらのウィルス対策ソフトを入れて予防して起きたいです。 ちゃんとガードしてくれている安心感もあるのでこのままbitdefen

Read more

関連カテゴリ・タグ:性能比較macのウィルス対策macOS Sierra(10.12)mac標準サービス

macOS SierraよりEl Capitanが速かったよ

OS X 10.11 El CapitanからmacOS Sierraにアップグレード後、アップデートを重ね10.12.6を使っているMac野郎なのかです。そろそろmacOS High Sierraも登場しますね。 10.12.1の頃は、El Capitanの方が優れている結果でした。今回、10.12.6でテストし、改善が見受けられたのでご紹介します。 Java6が使えるEl Capitanのままにしておくべきか、それとも新しいmacOSにアップグレードすべきか、お悩みかと思います。 もし、まだmacOS Sierra 10.12をダウンロードされていないなら、インストールしなくてもいいので、ダウンロードすることをオススメします。記録を残します。 ダウンロードしたものは履歴に残るので、公式ダウンロードがなくなっても、App Storeから再ダウンロード、インストールができます。 macOS Sierraに関しては、ダウンロードしても、App Storeの履歴に表示されなかったです。 後でインストールしたくなりそうな方は、App StoreからmacOS Sierraをダウンロードしてできる/App

Read more

関連カテゴリ・タグ:macOS Sierra(10.12)OS X El Capitan(10.11)性能比較

Macで無料の文字起こしができる?その方法と実力を確かめてみました。

Macには、標準で音声認識が搭載されています。標準だからテキストアプリなどに喋った声をそのままテキストにすることだってできちゃうんです。 これを応用すれば、Youtubeやpodcastなどで再生した動画や音声を比較的簡単にテキスト化できるんじゃない?とナイスなアイデアが浮かびました。 この方法は、追加アプリ不要ではありません。AppStore以外の場所からアプリをダウンロードしてインストールする必要があります。 Macで無料の文字起こしするために必要なアプリ Macで無料の文字起こしするために必要なアプリ(無料)を説明します。 その前になぜ別途アプリが必要なのかを簡単に説明しておきます。 直面する問題はこれら2つです。これを回避するためにアプリが必要にあります。 スピーカーやヘッドフォンの出力をマイクにする必要がある 音声入力をOnにするとSafari/Chromeで再生している音声が止まる まず、一つ目の「スピーカーやヘッドフォンの出力をマイクにする必要がある」です。 この問題を解決してくれるアプリは、「SoundFlower」になります。 SoundFlowerをインストールするとこん

Read more

関連カテゴリ・タグ:mac標準サービスmac基本操作性能比較OS X El Capitan(10.11)

OS X El Capitanの性能チェック!Yosemiteと比較

El Capitanの性能は、システムレベルで性能が改善され、グラフィック50%向上!とWWDC2015で発表されていました。 今回、UnixBench5.1.3、peacekeeper.futuremark(ブラウザの性能チェック)、www.wirple.com(ブラウザのOpenGL性能チェック)を Yosemite 10.10.5とEl Capitan 10.11で比較してみました。 総評:OS X El Capitanがキビキビしているワケ評価して判明した事実は、El Capitanは基礎体力ががっつり上がっています。 アプリやOSが動く上で重要な血管がとてもたくましくなりました。 =>だからEl Capitanはキビキビしている動作をしてくれます! Intel HD GraphicsのビデオRAMが増強されています。 =>Yosemite 1024MB→El Capitan 1536MBになっていました。 評価環境 MacBook Pro Retina 13-inch Late2012 プロセッサ:2.5GHz Intel Core i5 メモリ:8GB グラフィックス:Intel H

Read more

関連カテゴリ・タグ:OS X El Capitan(10.11)OS X Yosemite(10.10)性能比較

ページ 1