mac野郎なのか

BootCampに関する記事まとめ

BootCampに関する記事を最新順にまとめています。mac野郎なのかサイトは、iPhoneで復元できないをできるにするTipsや、MacでWindows使う・連携する、MacとiPhoneで便利になることを掲載しています。

BootCampに関する記事まとめ(最新順に並んでいます。)

Parallels Desktop 13のWindows10性能は?Touch Bar対応は?【macOS High Sierra】

macOS High Sierraに対応したParallels Desktop 13でWindows10の性能はどんな感じなのか?BootCamp比較でどの程度の実力があるのか?Parallels Desktop 11からアップグレードしたほうがいい?MacBook Pro Retina Late2012で評価したParallels Desktop13の性能やTouch Bar対応の見た目がわかります。 Parallels Desktop 13は、macOS High Sierra 10.13、macOS Sierra 10.12.5 、OS X El Capitan 10.11.6 、OS X Yosemite 10.10.5上でWindows10を始め様々なOSを動かすことができます。 当ページでは、Parallels Desktop 13があると便利になるポイントやBootCampのWindows10との比較、TouchBar対応の新機能のレビューをご紹介しています。ベンチマークソフトは無償のものを利用しています。旧バージョンをお持ちの方で、Parallels Desktop 13にしようかどうか

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsParallels Desktop 13macOS High Sierra(10.13)Windows10体験レビューBootCamp性能比較

VMware Fusion10で動かすWindows10のレビュー【macOS High Sierra】

macOS High Sierra上のVMware Fusion10.0.1で動かすWindows10の性能は?VMware Fusion10のMetalAPI対応、TouchBar対応ってどんな感じ?BootCampの方がいいの?MacBook Pro Retina Late2012で実際に動作させた実力がわかります。 VMWare Fusion10は、macOS High Sierra、Sierra、OSX El Capitan、Sierra上でWindows10を始め様々なOSを動かすことができます。 当ページでは、VMware Fusion10があると便利になるポイントやBootCampのWindows10との比較、MetalAPI対応やTouchBar対応の新機能を採用したVMware Fusion10のレビューをご紹介しています。ベンチマークソフトは無償のものを利用しています。旧バージョンをお持ちの方で、VMwara Fusion10にしようかどうかお悩みの方は、ご自身の環境で試してこの記事の結果と比較して見てください。 またVMware Fusion10自体評価版があります。メールアドレス等

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsVMware Fusion 10macOS High Sierra(10.13)Windows10体験レビューBootCamp性能比較

BootCampで動かすWIndows10の性能【macOS High Sierra】

macOS High SierraのBootCampアシスタントでAPFSボリュームにWindows 10(Insider版)を実際に入れて見ました。この記事でmacのBootCamp Windows10の性能やメリット、デメリット、Windows10 Insider Preview(ISO)の入手方法、BootCampを使ったWindows10のインストール方法がわかります。 【目次】 1 BootCampのメリット 2 BootCampのデメリット 3 BootCampで動かすWIndows10の性能 3−1 Windows エキスペリエンススコア 3−2 CPUや2Dグラフィックス性能 3−3 ストレージの性能 3−4 3Dグラフィックスの性能 4 Windows10 Insider Previewの64bit版ISOファイルを入手する 5 【macOS High Sierra】BootCampアシスタントでWindows環境を構築する 5−1 Windows インストールディスクの作成 【macOS High Sierra Boot Campアシスタント】 5−1−1 ステップ1 Boot C

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsを動かすBootCampWindows10性能比較

mac Windows8.1を外付けHDD・SSDにインストール&起動する Part3

Part2の続きです。 1 準備:必要メディアの入手 2 準備:USBフラッシュメモリにISOを書き込む 3 WindowsOSのインストール 4 WindowsOSの設定 Part1、Part2に引き続いて、Windows8.1をインストールします。 3.5 再びWindows8のインストールを再開 2/2 現在の状態 PORT1: なにも差し込んでいない。 PORT2: USBストレージを差し込んだ状態 EFI Bootを選択し、起動します。 しばらくすると地域と言語画面が表示されます。 デフォルトのままで、「次へ」ボタンをクリックします。 Windowsのライセンス条項の承諾画面が表示されます。 ライセンス条項をよくよみ、「同意する」ボタンをクリックします。 パーソナル設定画面が表示されます。 PC名をご自由に設定してください。 (ここでは、home-PCとしました) 「次へ」ボタンをクリックします。 設定 簡易設定画面が表示されます。 BootCamp用ドライバがインストールされていないため、「簡易設定を使う」は使えません 「自分で設定する」ボタンをクリックします。

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsmacでWindowsを動かすWindows8.1ライフスタイルBootCampmac標準サービスOS X Mavericks(10.9)

mac Windows8.1を外付けHDD・SSDにインストール&起動する Part2

Part1の続きです。 1 準備:必要メディアの入手 2 準備:USBフラッシュメモリにISOを書き込む 3 WindowsOSのインストール 4 WindowsOSの設定 Part1に引き続いて、Windows8.1をインストールします。 3. WindowsOSのインストール(Windows8.1 Enterprise) USBポート2つ使います。 USBポート2つ、未使用状態にしてください。 Windows8.1のISOを書き込んだUSBフラッシュメモリを差し込みます。 現在の状態 PORT1: USBフラッシュメモリを差し込んだ状態 PORT2: 未使用 3.1 コマンドプロンプトの起動 MacOSを再起動してください。 OPTIONキーを押しっぱなしにします。 この画面が表示されたら、OPTIONキー離して大丈夫です。 矢印キーまたは、トラックパッドでWindowsアイコンを選択状態にして、 リターンキーまたは、クリックで確定させます。 Windows8.1のインストーラが起動します。USBフラッシュメモリ経由なので、 若干時間がかかります。 キーボードの設定後の画面

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsmacでWindowsを動かすWindows8.1ライフスタイルBootCampmac標準サービスOS X Mavericks(10.9)

mac Windows8.1を外付けHDD・SSDにインストール&起動する Part1

以前、Windows8.1を外付けHDDにインストールすることをチャレンジしました。 mac Windowsを外付けHDD・SSDにインストール&起動する Part1 mac Windowsを外付けHDD・SSDにインストール&起動する Part2 Windows8.1でうまくできないとの報告があったので、Windows8.1のインストールを検証してみます。 注意事項 Microsoft公式の「Windows 8.1 用のインストール メディアを作成する」 http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/create-reset-refresh-media 「Windows 8.1 用のインストール メディアを作成する」で取得したISOでは、 この記事にある方法は、使えません。 (okanoさん情報ありがとうございます) 内蔵SSDを使わないWindows8.1のインストール方法 方針 内蔵SSDの容量が少ない、内蔵SSDは使わない。 (BootCampを使ったWindowsブートではありません。) Macのみでインストールを完結させる。(Window

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsmacでWindowsを動かすWindows8.1ライフスタイルBootCampmac標準サービスOS X Mavericks(10.9)

mac Windowsを外付けHDD・SSDにインストール&起動する Part2

Part1の続きです。 Part1 準備:必要メディアの入手 Part2 準備:USBフラッシュメモリにISOを書き込む Part3 WindowsOSのインストール Part1に引き続いて、Windows8をインストールします。 3. WindowsOSのインストール(Windows8 Enterprise) USBポート2つ使います。 USBポート2つ、未使用状態にしてください。 Windows8のISOを書き込んだUSBフラッシュメモリを差し込みます。 現在の状態 PORT1: USBフラッシュメモリを差し込んだ状態 PORT2: 未使用 3.1 コマンドプロンプトの起動 MacOSを再起動してください。 OPTIONキーを押しっぱなしにします。 この画面が表示されたら、OPTIONキー離して大丈夫です。 矢印キーまたは、トラックパッドでWindowsアイコンを選択状態にして、 リターンキーまたは、クリックで確定させます。 Windows8のインストーラが起動します。USBフラッシュメモリ経由なので、 若干時間がかかります。 キーボードの設定後の画面で、「コンピュータを修復する

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsmacでWindowsを動かすBootCampWindows8mac標準サービスmacのストレージmacのUSBOS X Mountain Lion(10.8)

mac Windowsを外付けHDD・SSDにインストール&起動する Part1

BootCampアシスタントでWindowsOSをインストールする場合、 内蔵SSDにWIndowsOSの確保が必須です。 内蔵SSDの容量が少ない128GBモデルを購入したMac野郎なのかは、非常に困惑しました。 WindowsOSに40GBは確保しておきたい=残り88GBの容量、全体容量の1/3・・・ そこで、内蔵SSDを使わずにWindowsをMac Book Pro Retina で動かす方法を 模索します。 MacでWindowsを動かす方法 BootCamp 内蔵SSDを消費しますが、ネイティブで動かせるのが魅力的。Macででありながら、Windowsノートに変身できます。 Thunderbolt外付けストレージがあれば、内蔵SSDを使わないですむようです。 Thunderbolt製品持っていないので・・・ VirtualBox/Parallels 外部ストレージ上にイメージを確保すればいけそうな感じです。 Mac OS上でWindowsを動かすことになります。Macで資料を見ながら、Windowsで作業 なんてことが可能です。ただし、それなりにCPU/Memoryに負担あります。 Rem

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsmacでWindowsを動かすBootCampWindows8mac標準サービスmacのストレージmacのUSBOS X Mountain Lion(10.8)

ページ 1