macで困ったこと

OSX ウィンドウが隠れて掴めなくなったときにやったこととウィンドウ移動方法3選

広告

セカンドディスプレイ側に表示していたExcelさん、
隠れてリボンメニューやウィンドウタイトルが
見えなくなり、操作不能になっていました。




当ページでmacでウィンドウが画面外に表示されて、つかめなくなった場合に解決する方法がわかります。

 

ウィンドウが隠れて掴めなくなったときにやったこと




今回、たまたまOffice製品であったため、ウィンドウ→整列がありました。
普通のアプリには、しまう・拡大/縮小のみで、整列は存在しないようです。

また、同じ事があった場合に慌てないために準備をしておきます。

OSX標準機能では、
ウィンドウ移動をキーボードで行うことは
サポートされていないという情報を目にしました。

OSXの標準機能ありました!キーボードの矢印キーでウィンドウを移動できることを確認しました。
macのウィンドウ移動(macの標準機能編)に追記しています。



macでウィンドウをキーボード移動できるツール3選


調べてみると有料アプリ、無料アプリが見つかります。


今回は、Spectacle, BetterTouchToolの使い勝手とmacOS標準機能の方法をご紹介します。

Maverics + Spectacleでウィンドウ移動



Spectacle 公式ページからアプリをダウンロードします。
起動するとSpectacle requires that the Accessibility API be enabledというダイアログが
表示されます。つまりアクセシビリティで許可してねってことですね。

Open Universal Access Preferencesボタンをクリック


Mavericksからアクセシビリティを許可する設定箇所が変更になっています。
ボタンをクリックすると「アクセシビリティ」画面が開きますが、ここではありません。
「セキュリティとプライバシー」画面を開いて、プライバシー→アクセシビリティと選択すると
右側にSpectacle.appが表示されています。
許可する場合は、チェックしてください。

ウィンドウを移動する挙動


アクセシビリティを許可している状態で起動します。
設定不要で、予め指定されているキー操作を行うことでウィンドウが移動することが
確認できました。

ウィンドウの移動は、ピクセル単位ではなく、複数の定めれている箇所に移動させるという
挙動でした。

Mavericks + BetterTouchToolでウィンドウ移動



公式ページからBetterTouchTool 0.967 Alphaをダウンロードします。
(後述しますが、若干古く、起動後アップデートを促されました。
 ダウンロードページからダウンロードしておけば、更新はなかったかもしれません。)

起動するとWindow Snappingというダイアログが表示されます。Window Snapping操作を行いたければアクセシビリティを許可してねってことですね。
このアプリは、アクセシビリティの位置を正しく認識しているようです。
(対応早くて好感持てます)


最新版ダウンロードしたつもりだったのですが、違ったようです。アップデートがありました。(0.9871へアップデートしました)

(レビジョン細かすぎですね)

ウィンドウを移動する挙動


BetterTouchToolは、ショートカット設定を行う必要がありました。
OPTIONキー+F1キーでウィンドウ移動開始・停止を定義しました。

OPTIONキー+F1キーを押下で、マウスカーソルがある位置のウィンドウが移動対象になります。
ウィンドウ任意の位置で掴めるようになります。
このとき、マウスカーソルに変化がないため、見た目ではよくわかりません。
トラックパッドorマウスで移動するとウィンドウが追従して移動しました。

移動のキャンセルは、再度OPTIONキー+F1キーを押下する必要がありました。

キー以外でも、
トラックパッド、Magic Mouse, Apple Remote等様々なデバイスの操作をトリガーとして、
Actionを定義(操作)できるようです。
 

macのウィンドウ移動(macの標準機能編)


macでウィンドウ移動をキーボードを使って動かしたい場合に使える技です。
macの標準機能、アクセシビリティのVoiceOverを使います。

VoiceOverは、ウィンドウ移動以外にサイズ変更が可能です。詳しく知りたい方は、support.apple.comの情報をご確認ください。
support.apple.com:VoiceOver (Yosemite): ウインドウやオブジェクトを動かす/サイズ変更する


VoiceOverでウィンドウ移動する際、対象のウィンドウは、アクティブウィンドウです。
裏に隠れてしまったウィンドウは、アクティブにした上、操作してください。

1)VoiceOverを有効にします。
 commandキー+F5または、システム環境設定>アクセシビリティのVoiceOverよりVoiceOverを有効にします。


2)ウィンドウのメニューが隠れて移動できなくなってしまったウィンドウをアクティブにします。
 可視領域にウィンドウが見えているなら、ウィンドウをクリックしてください。
 可視領域外にある場合は、Dockのアイコンを右クリック、対象のウィンドウを選択してください。

3)controlキーとoptionキーとshiftキーを同時押し、さらに@キーを押してください
 VOキー+「`」の操作です。
 正しいキー入力で「ウィンドウの移動 開始・・・」とkyokoさんが喋ります。
 矢印キーでウィンドウを移動できます。
 終了はescキーです。

 移動している間、kyokoさんがしゃべりまくります。音量は小さめにしておいた方が無難です。

4)VoiceOverをOFFにします。
 commandキー+F5または、システム環境設定>アクセシビリティのVoiceOverよりOFFにしてください。

 

まとめ


Retinaディスプレイ1つだけで利用しているとウィンドウが移動できなくなるような配置に出会うことはありません。
 
セカンド、3rdと複数台のディスプレイを使い始めるとウィンドウが隠れて、つまめなくなることに出会います。
 
今回ご紹介した3つの方法で、ウィンドウを通常の位置へ戻すことができたかと思います。
 
3つの方法の中でおすすめなのは、
アプリをインストールする必要がない
macOS標準のVoiceOverを使ったウィンドウ移動方法です。
 
長く使っていきたいアプリは、いろいろカスタマイズできるBetterTouchToolです。
 
移動ではなく、簡単にウィンドウ位置をリセットできる方法を探しましたが、意外とないんですよ・・・
 
 

関連カテゴリ・タグ:macで困ったことmacでマルチモニタmacのアプリレビューOS X Mavericks(10.9)OS X Yosemite(10.10)OS X El Capitan(10.11)macOS Sierra(10.12)

広告