macOS High Sierra(10.13)

macOS High Sierra+SSDの環境でApple File Systemをスキップした技とは?

広告

ひょんなことからmacOS High Sierra+SSDの環境でApple File System(APFS)をスキップすることができてしまいました。この記事は、Appleのバグ技なのかもしれません。この方法で内蔵フラッシュストレージのAPFSをスキップしようと考えている方は、自己責任でお願いします。

macOS High Sierra 10.13.1が開発者向けにリリースされています。これで修正される可能性も高いです。


macOS High Sierra+SSDの環境でAPFSをスキップできてしまった方法


TimeMachineバックアップから戻しました。APFSに戻るつもりがコンバートされずにApple_HFSのままになってしまいました。

diskutil listで確認した内蔵フラッシュメモリ(/dev/disk0)とHighSierraが一緒に写った写真です。

この写真でMacintosh HDがApple_HFSになっていることがわかるかと思います。



この手順を踏むと、APFSからHFSに変わってしまうようです。

High Sierraにアップグレード > バックアップ > Sierra戻す > High Sierraに戻す


Appleのテスト漏れですよね・・・勘弁してほしいです。
これ、APFSにするにはどうしたらいいんでしょうかね・・・

2017/09/29 17:34追記
macOS High SierraをAppStoreからダウンロードできる状態ってことがわかりました。
もう一回ダウンロードして、High Sierraを上書きインストールして見ました。
失敗するのかなぁと予測していましたが、普通に上書きインストールが正常終了しました!
APFSに戻りました!よかった


関連カテゴリ・タグ:macOS High Sierra(10.13)macのトラブル・不具合

広告