macOS High Sierra(10.13)

macOS High Sierra(10.13)をインストール!SSD内蔵Macなら早く終わります

広告



macOS High Sierra(OSX 10.13)の無料ダウンロードが開始されました。早速MacBook Pro Retina Late2012にHigh Sierraをインストールしました。macOS Sierra(OSX 10.12.6)からの上書きインストールです。macOS High Sierraをインストールしてみてわかったんですが、Macintosh HDストレージの利用可能が39.69GBから64.94GBに変化していました。25GB近く空き容量が増えました!

はじめの写真がmacOS Sierraで次の写真がmacOS High Sierraのストレージ使用量です。




macOS High Sierraのインストール時間


macOS Sierra(OSX 10.12.6)から上書きインストールは、約40分でした。
MacBook Pro Retina Late2012は6GbpsのSSD内蔵モデルです。
今回のアップグレードでは、旧来のHFS+フォーマットからAPFSフォーマットに自動コンバートされます。
ストレージの読み書きスピード、CPU・メモリの性能に依存する部分が大きいです。


macOS High Sierraの入手方法


macOS High Sierraは、AppStoreからの入手できます。
AppStoreのアップデートタブではありません。新規に入手する手段で探します。

apple公式サイトからAppStoreのmacOS High Sierraのダウンロードページへ移動する方法が確実なのでオススメです。
ちなみに、上記公式サイトからのAppStoreへのリンクは、以下でした。
https://itunes.apple.com/jp/app/macos-high-sierra/id1246284741?mt=12&l=ja-jp&ls=1

また、AppStoreアプリでキーワード「high sierra」で検索すると見つかります。
そのうちAppStoreのトップページからmacOS High Sierraへのパスが表示されると思います。

High Sierraの登場で、macOS Sierraはダウンロードできなくなっているみたいです。
Sierraをクリックすると「アイテムを利用できません。ご希望のアイテムは、現在日本の Store ではご利用いただけません。」と表示されます。



アップグレード中放置していい?


ダウンロードは完了しても自動的にインストールされることはありませんでした。人がインストールする操作をしない限りダウンロード完了の状態を維持しています。
=>ダウンロードは放置してOK

ダウンロードが完了するとこのようなInstall macOS High Sierraアプリが起動しています。

macOS High Sierraへのアップグレードは、初回の再起動、途中に一度自動で再起動する流れがありました。
アップグレード中とても静かな状態で進んでいきましたが、
「まもなくインストール完了:残り16分」の表示直前から、MacBook Pro Retinaのファンがうなり始めました。かなりの回転数で回っている音です。CPU使いまくりの処理が走っています。5分ほど経過したところで一旦うなりは治りますが、しばらくするとファンの風切り音がまた耳に届いてきます。
5分以上継続してCPUを100%使い切る作業が行われています。熱が心配な方は人の目がある時間帯に放置した方が良いです。
=>アップグレードは、人がいる時間帯に放置しましょう

macOS High Sierraのインストールは、インストーラーが勝手にやってくれます


AppStoreからmacOS High Sierraを入手すると自動的にインストーラーが立ち上がります。
  間違って終了させても、LaunchPadから起動することもできるので安心です。


インストーラーのステップは3つだけ!後は待っていればmacOS High Sierraにアップグレードが完了します。



後はインストールの完了を待ちます。Late2012で約40分かかりました。ちょっと長いです。この間一切作業できないので、ランチや打ち合わせや会議などmacを利用しなくても良い時間帯でHigh Sierraにしちゃいましょう!



まとめ


まだインストールしたばかりで、インストールにかかった時間などをご紹介してきました。上書きアップグレード自体、時間がかかる以外の問題は発生しませんでした。インストール後の初回ログインで、解析画面(Appleとアプリケーションデベロッパの製品およびサービスの品質向上に自動的にご協力いただけます。)が表示後、Macを設定してすんなりログインできました。

Wi-Fiの設定は初期化されていたので、再設定の必要があります。


ディスクの空き容量が増えた?のはもう少し検証が必要かもしれません。
こちらにSierraとHigh Sierraの容量をdfで確認した結果があります。ifreeの値がすごいことになっていますね!

(クリックすると拡大したイメージを観ることができます)





関連カテゴリ・タグ:macOS High Sierra(10.13)

広告