macでWindows

macではVMwareの無料版がありません。ParallelsならLiteがあります。

広告


macOS上でWindowsOSを動かし放題のソフトといえば、
無料のVirtual Box、
有料のVMWare Fusion、
有料のParallels Desktopが3大メジャーです。

UbuntuやCentOSなどLinux系を動かしたい方は、xhyveもあります。

macのハードウェアにWIndowsをインストールするBoot Campも標準で使うことができます。

Windowsの仮想OS環境
Windowsの仮想OSは、無料でちょっと難しいHyper-V、個人利用なら無料のVMware Workstation Player、無料のVirtual Box、VirtualPC(Windows8以降使えません)が有名です。

Windows10でBashが動くBash On Ubuntu On Windowsもほぼ標準で利用できます。

個人利用なら無料のVMware Workstation PlayerのWindows版があるなら、mac版もあるんじゃないかって当然思いつきます。

VMware Workstation Player for macは、ありません。

macでVMwareは、30日間お試しができるFusionです。



Parallels DesktopからLite版がリリースされているってご存知でしょうか?

Parallels Desktop Lite により、 Mac で Windows、Linux およびそれらのアプリケーションを簡単に実行できます。




このアプリ、App Storeから無料でインストールすることが可能です。

macでUbuntuをインストールして動かしたい方は、無料で利用することができます。
  • Linux仮想マシンを実行する=>無料
  • Windows仮想マシンを実行する=>有料

Windows7、Windows8.1、WIndows10などWindows OSを動かす際は、別途アプリ内課金が必要です。

古いmacのハードウェアやOSXはご利用できません。
  • 64ビットプロセッサー搭載のmacであること
  • OSX 10.11.5以降のEl Capitan、Sierraであること
この条件を満足している方はご利用することができます。

Parallels Desktop Liteの有料版とParallels Desktop 12 for Mac何が違うのか?


  1. ライセンスの違い
    Parallels Desktop Liteはファミリー共有が可能です。
    Parallels Desktop 12 for Macは1台のMacのみインストールできます。

  2. 価格の違い
    Parallels Desktop LiteのApp内課金は、7,400円で1年間のWIndowsOSを動かすことができる権利を購入します。(OSは別途ご自身で用意する必要があります)

    Parallels Desktop 12 for Macは買い切り版です。macOSをアップデートしない限りずっと使うことができます。

  3. Boot Campで使っているWindowsを動かせるのは、Parallels Desktop 12 for Macだけです。Liteではできません。


  4. コヒーレンスモードが使えるのは、Parallels Desktop 12 for Macだけです。LiteはWindowモードだけです。


価格は2017-5-30時点です

Lite版のできない事はこれ以外にもあります。
サポートページに機能の比較表があります。

Paralells Liteのサポートページ:
Differences between Parallels Desktop Lite and Parallels Desktop Standard Edition

複数のMacでParallelsを使ってWindowsを起動させる必要があるなら、
ファミリー共有可能なParallels Desktop Liteが経済的です。



まとめ


macのVMwareの無料版はないですが、Parallelsから無料のLite版が登場していることをご紹介しました。
VMware AppStore版の登場があるかもしれませんね!


 
 
 
 


関連カテゴリ・タグ:macでWindowsmacでWindowsを動かすVMware Fusion(フュージョン)Parallels Desktop(パラレルス デスクトップ)macOS Sierra(10.12)macOS High Sierra(10.13)

広告