macOS Sierra(10.12)

macOS SierraよりEl Capitanが速かったよ

広告

OS X 10.11 El CapitanからmacOS Sierraにアップグレード後、アップデートを重ね10.12.6を使っているMac野郎なのかです。そろそろmacOS High Sierraも登場しますね。

10.12.1の頃は、El Capitanの方が優れている結果でした。今回、10.12.6でテストし、改善が見受けられたのでご紹介します。


Java6が使えるEl Capitanのままにしておくべきか、それとも新しいmacOSにアップグレードすべきか、お悩みかと思います。

もし、まだmacOS Sierra 10.12をダウンロードされていないなら、インストールしなくてもいいので、ダウンロードすることをオススメします。記録を残します。

ダウンロードしたものは履歴に残るので、公式ダウンロードがなくなっても、App Storeから再ダウンロード、インストールができます。

macOS Sierraに関しては、ダウンロードしても、App Storeの履歴に表示されなかったです。
後でインストールしたくなりそうな方は、App StoreからmacOS Sierraをダウンロードしてできる/Application/Install macOS Sierra.app(4,794MB)をどこかに保存しておくと安心です。



macOS Sierraにアップグレード10.12.1で初のベンチマーク(UnixBenchを使っています)を実施しました。その際は、El Capitan勝利!でした。macOS Sierraの進化を確認すべく、最終バージョン10.12.6のベンチマークを行なっています。
ベンチマークは、MacBook Pro Retina 13インチ Late2012(2.5GHz/8GB/128GB)で計測しています。CPUやディスクアクセスなどをメインとしたベンチマーク結果です。

El Capitan vs macOS Sierra 性能比較 UnixBench5.1.3 ベンチーマーク結果まとめ




El Capitan vs macOS Sierra 性能比較 UnixBench5.1.3 ベンチーマーク結果まとめ
osシングルScoreマルチコアScore
Yosemite(参考)322.6645.5
El Capitan756.51671.7
macOS Sierra 10.12.1595.51259.0
macOS Sierra 10.12.6642.81370.0

  • シングルScoreは、「1コア System Benchmarks Index Score」のベンチマーク結果を掲載しています。

  • 4コアScore「4コア System Benchmarks Index Score」のベンチマーク結果を掲載しています。

  • macOS Sierraの初期バージョンと比較すると最終バージョン10.12.6はパフォーマンス向上していることがわかります。

  • Yosemiteと比較するとEl Capitanはパフォーマンスが向上しました。システムコール周りが大きく改善していた影響です。



El CapitanからmacOS Sierra 10.12.6のベンチマーク結果を徹底検証


シングルCPUのテスト結果です。


CPU単体での実力を数値化できるベンチマークです。

テスト項目El CapitanSierra 10.12.6
Dhrystone 2 using register variables28,872,657.0 lps 27,421,357.7 lps
Double-Precision Whetstone4,993.8 MWIPS4,930.0 MWIPS
Execl Throughput539.7 lps357.8 lps
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 569,370.8 KBps 531,617.5 KBps
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 162,173.3 KBps 154,321.1 KBps
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 1,549,586.9 KBps 1420,759.9 KBps
Pipe Throughput 922,790.3 lps 1,036,572.1 lps
Pipe-based Context Switching 114,400.7 lps 125,117.7 lps
Process Creation 3,001.5 lps 1,606.0 lps
Shell Scripts (1 concurrent) 3,164.4 lpm 2,168.2 lpm
Shell Scripts (8 concurrent) 766.6 lpm 496.0 lpm
System Call Overhead 1,030,594.6 lps 989,595.6 lps



マルチCPU(4コア)のテスト結果です。


4つのコアを上手に使えているのか確認できるベンチマークです。こちらもシングルコアのテスト結果と同様の傾向です。

テスト項目El CapitanSierra 10.12.6
Dhrystone 2 using register variables65,400,336.8 lps63,834,523.3 lps
Double-Precision Whetstone18,378.9 MWIPS18,437.4 MWIPS
Execl Throughput1,319.8 lps931.9 lps
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 1,078,504.4 KBps 1,011,440.2 KBps
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 310,326.7 KBps 292,341.1 KBps
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 2,790,942.5 KBps 2,668,333.5 KBps
Pipe Throughput 2,259,034.8 lps 2,390,328.3 lps
Pipe-based Context Switching470,156.7 lps 339,117.5 lps
Process Creation6,329.6 lps 3,351.0 lps
Shell Scripts (1 concurrent) 6,049.2 lpm 3,897.6 lpm
Shell Scripts (8 concurrent) 839.5 lpm 523.6 lpm
System Call Overhead 2,362,637.6 lps 2,287,909.7 lps



macOS Sierra 10.12.1と10.12.6のベンチマーク結果を徹底検証


macOS Sierraの初期の頃のバージョンから、アップデートで最終版は10.12.6になりました。10.12.1と10.12.6でベンチマークから違いから進化を確認することができます。
シングルCPUのテスト結果です。

テスト項目10.12.110.12.6
Dhrystone 2 using register variables23,798,725.5 lps27,421,357.7 lps
Double-Precision Whetstone4,993.8 MWIPS4,782.4 MWIPS
Execl Throughput373.3 lps357.8 lps
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 429,539.9 KBps 531,617.5 KBps
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 123,109.3 KBps 154,321.1 KBps
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 1,227,553.5 KBps 1,420,759.9 KBps
Pipe Throughput 877,340.2 lps 1,036,572.1 lps
Pipe-based Context Switching104,143.6 lps 125,117.7 lps
Process Creation2,065.6 lps1,606.0 lps
Shell Scripts (1 concurrent) 2,117.4 lpm 2,168.2 lpm
Shell Scripts (8 concurrent) 536.1 lpm496.0 lpm
System Call Overhead 844,893.9 lps 989,595.6 lps



マルチCPU(4コア)のテスト結果です。

テスト項目10.12.110.12.6
Dhrystone 2 using register variables54,496,489.5 lps63,834,523.3 lps
Double-Precision Whetstone18,408.2 MWIPS18,437.4 MWIPS
Execl Throughput884.5 lps931.9 lps
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 806,942.8 KBps 1,011,440.2 KBps
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 214,151.3 KBps 292,341.1 KBps
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 2,227,382.7 KBps 2,668,333.5 KBps
Pipe Throughput 2,048,499.7 lps 2,390,328.3 lps
Pipe-based Context Switching425,264.0 lps339,117.5 lps
Process Creation3,135.1 lps3,351.0 lps
Shell Scripts (1 concurrent) 3,945.3 lpm3,897.6 lpm
Shell Scripts (8 concurrent) 576.9 lpm 523.6 lpm
System Call Overhead 1,874,988.4 lps 2,287,909.7 lps


総評:macOS Sierra 10.12.6はそこそこ速いです。


macOS Sierra 10.12.6はそこそこ速いです。java6が動かないと困るなどしがらみがない方は、Siriも使える10.12.6にアップグレードしても性能は落ちません。

10.12.1でSystem Call Overheadの性能がだだ下がりしました。10.12.6で10.12.1より断然良くなっています。

System Call Overheadは、close、getpid、getuid、umaskなど標準関数(システムコール)を呼び出す性能を示しています。標準関数はどのアプリでも、どのサービスでも使われています。
macOS自体を含めて、このSystem Call Overheadの指標は大きいほど良いと言えます。

Process Creationテストは、fork()関数を呼び出す能力を計測しています。通常1つのアプリを立ち上げると複数のスレッドやプロセスを立ち上げる際、関わってくる能力ですので、普通に利用している限り、この数値の良し悪しで大きな影響を受けることはないと考えています。


まとめ


10月にリリースされた直後のmacOSは、5、6回のアップデートを重ねることでベンチマークの結果が良くなることがわかったかと思います。

関連カテゴリ・タグ:macOS Sierra(10.12)OS X El Capitan(10.11)性能比較

広告