mac野郎なのか

iPhoneとmacの記事まとめ

mac野郎なのかサイトは、iPhoneで復元できないをできるにするTipsや、MacでWindows使う・連携する、MacとiPhoneで便利になることを掲載しています。ここでは最新順に記事を一覧表示しています。

iPhoneとmacの記事まとめ(最新順に並んでいます。)

Parallels Desktop 13のWindows10性能は?Touch Bar対応は?【macOS High Sierra】

macOS High Sierraに対応したParallels Desktop 13でWindows10の性能はどんな感じなのか?BootCamp比較でどの程度の実力があるのか?Parallels Desktop 11からアップグレードしたほうがいい?MacBook Pro Retina Late2012で評価したParallels Desktop13の性能やTouch Bar対応の見た目がわかります。 Parallels Desktop 13は、macOS High Sierra 10.13、macOS Sierra 10.12.5 、OS X El Capitan 10.11.6 、OS X Yosemite 10.10.5上でWindows10を始め様々なOSを動かすことができます。 当ページでは、Parallels Desktop 13があると便利になるポイントやBootCampのWindows10との比較、TouchBar対応の新機能のレビューをご紹介しています。ベンチマークソフトは無償のものを利用しています。旧バージョンをお持ちの方で、Parallels Desktop 13にしようかどうか

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsParallels Desktop 13macOS High Sierra(10.13)Windows10体験レビューBootCamp性能比較

VMware Fusion10のUSBが認識しない?これを試して見てください

MacBook Pro Retina Late2012にmacOS High Sierra(10.13)をインストールしています。ここにVMware Fusion10(10.0.1)をインストールし、Windows10(Prevew版)を動かしたところ、macに接続したUSBデバイス(USBハードディスク、USB SSD)を認識してくれませんでした。この記事でそんな状態でお困りの状況を解決できます。 こちらのVMware Fusion (for Mac) > ディスカッションに解決方法が書いてあります。 USB devices no longer recognised on VMWare Fusion 10 ただ、なんだかよく意味がわからず、ちゃんとUSBデバイスが認識できるまで時間がかかってしまいました。 USBを認識しない症状とは? USBデバイスをmacに刺しても、VMware Fusion10のUSBとBluetoothのUSBデバイスを接続する欄には何も表示されません。 macが原因かと思い、NVRAMリセットをして見ました。でも症状は一切変わらず、USBデバイスを認識してくれません。

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsVMware Fusion 10macOS High Sierra(10.13)Windows10体験レビュー

VMware Fusion10で動かすWindows10のレビュー【macOS High Sierra】

macOS High Sierra上のVMware Fusion10.0.1で動かすWindows10の性能は?VMware Fusion10のMetalAPI対応、TouchBar対応ってどんな感じ?BootCampの方がいいの?MacBook Pro Retina Late2012で実際に動作させた実力がわかります。 VMWare Fusion10は、macOS High Sierra、Sierra、OSX El Capitan、Sierra上でWindows10を始め様々なOSを動かすことができます。 当ページでは、VMware Fusion10があると便利になるポイントやBootCampのWindows10との比較、MetalAPI対応やTouchBar対応の新機能を採用したVMware Fusion10のレビューをご紹介しています。ベンチマークソフトは無償のものを利用しています。旧バージョンをお持ちの方で、VMwara Fusion10にしようかどうかお悩みの方は、ご自身の環境で試してこの記事の結果と比較して見てください。 またVMware Fusion10自体評価版があります。メールアドレス等

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsVMware Fusion 10macOS High Sierra(10.13)Windows10体験レビューBootCamp性能比較

macOS High Sierra+SSDの環境でApple File Systemをスキップした技とは?

ひょんなことからmacOS High Sierra+SSDの環境でApple File System(APFS)をスキップすることができてしまいました。この記事は、Appleのバグ技なのかもしれません。この方法で内蔵フラッシュストレージのAPFSをスキップしようと考えている方は、自己責任でお願いします。 macOS High Sierra 10.13.1が開発者向けにリリースされています。これで修正される可能性も高いです。 macOS High Sierra+SSDの環境でAPFSをスキップできてしまった方法 TimeMachineバックアップから戻しました。APFSに戻るつもりがコンバートされずにApple_HFSのままになってしまいました。 diskutil listで確認した内蔵フラッシュメモリ(/dev/disk0)とHighSierraが一緒に写った写真です。 この写真でMacintosh HDがApple_HFSになっていることがわかるかと思います。 1)通常のアップグレード手順でSierra 10.12.6からHigh Sierra 10.13へアップグレード この時は、APFSに

Read more

関連カテゴリ・タグ:macOS High Sierra(10.13)macのトラブル・不具合

BootCampで動かすWIndows10の性能【macOS High Sierra】

macOS High SierraのBootCampアシスタントでAPFSボリュームにWindows 10(Insider版)を実際に入れて見ました。この記事でmacのBootCamp Windows10の性能やメリット、デメリット、Windows10 Insider Preview(ISO)の入手方法、BootCampを使ったWindows10のインストール方法がわかります。 【目次】 1 BootCampのメリット 2 BootCampのデメリット 3 BootCampで動かすWIndows10の性能 3−1 Windows エキスペリエンススコア 3−2 CPUや2Dグラフィックス性能 3−3 ストレージの性能 3−4 3Dグラフィックスの性能 4 Windows10 Insider Previewの64bit版ISOファイルを入手する 5 【macOS High Sierra】BootCampアシスタントでWindows環境を構築する 5−1 Windows インストールディスクの作成 【macOS High Sierra Boot Campアシスタント】 5−1−1 ステップ1 Boot C

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsを動かすBootCampWindows10性能比較

macOS High SierraからSierraに戻す唯一の方法とTimeMachineは速いストレージを使った方がいいと思った理由

こちらの記事は、macOS High SierraからSierraに戻す内容です。APFS採用のmacOS High SierraからHFS+のSierraへダウングレードできるのか?疑問でした。SierraでバックアップしたTimeMachineディスクを使ったダウングレード方法をご紹介しています。 SierraからHigh Sierraへのインストールはこちらのhttp://fanblogs.jp/macyarounanoka/archive/296/0でご紹介しています。 9月27日にmacOS High Sierra ( OS X 10.13 )をMacBook Pro Retina Late2012へインストールしました。 macOS High Sierraのインストールした記事はこちらで詳しくご紹介しています。 今回、High SierraからSierraへ一旦戻すことにしました。その理由は、支障が出ているからです。こちらに書いていますが、どうやらMac野郎なのかが使っているLate2012とHigh Sierraの相性?が悪いらしくmacOSが固まって止まってしまう現象が発生しています

Read more

関連カテゴリ・タグ:macOS High Sierra(10.13)macOS Sierra(10.12)Time Machinemacのストレージ

VMware Fusion10で進化したポイントと購入先

VMware Fusionの最新版 Fusion10が発売されました!ここでは、進化したポイントとVMware Fusion10と8.5の違いを表にまとめています。 Fusion9を飛ばしてFusion10です。関係性は薄いですがiPhoneも9を飛ばしてiPhone 10(X)でしたね。 ↓↓↓購入先はこちらです↓↓↓ VMware Fusion10で進化したポイント Fusion8.5と比較して、Fusion10で何が進化したのかを明らかにしています。 まずは、macOS High Sierraをサポートともっとも大きい変化はTouchBarサポートです。 macOS High Sierra と Touch Bar に対応 APFS に対応し、macOS 10.13 Sierra を搭載した Mac 上で仮想マシンを起動できるほか、現在使用している Mac に影響を与えることなく、サンドボックス内で最新の macOS を安全にテストできます。UI がアップデートされ、最新の Touch Bar 搭載モデルにも対応するなど、Fusion の機能がさらに強化されました。 そのほかMetalをサポ

Read more

関連カテゴリ・タグ:macでWindowsmacでWindowsを動かすVMware Fusion 10VMware Fusion(フュージョン)

macOS High Sierraの実力は?性能は?Sierraと徹底比較してみました

High Sierraにしたら遅くなるのか、速くなるのか、デメリットはないのか、このあたりが知りたいポイントかと思います。この記事では、実際にインストールしたHigh Sierraの実力をベンチマークから評価しています。Sierra(OSX 10.12.6)との比較もあるのでポイントがわかりやすいです。 macOS High Sierraは、METALからMETAL2へさらに洗練さえたGPU周りのパフォーマンス、HFS+からApple File System(APFS)へファイルシステムが変わります。 APFSは、無駄な重複ファイルを発生させないから空き容量が増やせるメリットがあります。実際にインストールしたところ25GB近く空き容量が増えました^^これは評価できるポイントではないでしょうか。 macOS High Sierraにより、Macユーザの皆様は、新しいコアストレージ、ビデオ、グラフィックスに関連した、様々なパワフルなテクノロジーが利用できるようになります。新しいファイルシステムによりストレージはより効率と信頼性が向上し、High-Efficiency Video Coding(HVEC)の

Read more

関連カテゴリ・タグ:macOS High Sierra(10.13)macOS Sierra(10.12)性能比較

High Sierra固まりました!インストールはちょっと待ったほうがいい2つの理由+α

こちらのmacOS High Sierraをインストールした記事で、MacBook Pro Retina Late2012にmacOS High Sierraをインストールしています。 この記事は、macOS High Sierraが登場して間もない頃の記事です。 そのため、OSX10.13.1やそれ以降のHigh Sierraには該当しないこともありえます。 このMacBook Proは、AC電源が供給されている間、ディスプレイだけスリープさせ、本体はスリープしないように設定しています。(Haswell以降のMacではできません) High Sierra固まりました!2時間しか持ちません Higi Sierraインストール後、数時間放置していました。先ほどLate2012にアクセスしたところ、レティナディスプレイがブラックアウトしたまま、何も表示されない状況になっていました。 状況をまとめると以下の通りです。 レティナディスプレイがブラックアウト。しばらく待っても表示されない。 画面共有でアクセスするも反応なし。接続できない つまり、High SierraのLate2012は固まっている状態

Read more

関連カテゴリ・タグ:macOS High Sierra(10.13)macのトラブル・不具合macで困ったこと2012年モデル

macOS High Sierra(10.13)をインストール!SSD内蔵Macなら早く終わります

macOS High Sierra(OSX 10.13)の無料ダウンロードが開始されました。早速MacBook Pro Retina Late2012にHigh Sierraをインストールしました。macOS Sierra(OSX 10.12.6)からの上書きインストールです。macOS High Sierraをインストールしてみてわかったんですが、Macintosh HDストレージの利用可能が39.69GBから64.94GBに変化していました。25GB近く空き容量が増えました! はじめの写真がmacOS Sierraで次の写真がmacOS High Sierraのストレージ使用量です。 macOS High Sierraのインストール時間 macOS Sierra(OSX 10.12.6)から上書きインストールは、約40分 でした。 MacBook Pro Retina Late2012は6GbpsのSSD内蔵モデルです。 今回のアップグレードでは、旧来のHFS+フォーマットからAPFSフォーマットに自動コンバートされます。 ストレージの読み書きスピード、CPU・メモリの性能に依存する部分が大

Read more

関連カテゴリ・タグ:macOS High Sierra(10.13)

ページ 1