mac野郎なのか

2012年モデルに関する記事まとめ

2012年モデルに関する記事を最新順にまとめています。mac野郎なのかサイトは、iPhoneで復元できないをできるにするTipsや、MacでWindows使う・連携する、MacとiPhoneで便利になることを掲載しています。

2012年モデルに関する記事まとめ(最新順に並んでいます。)

High Sierra固まりました!インストールはちょっと待ったほうがいい2つの理由+α

こちらのmacOS High Sierraをインストールした記事で、MacBook Pro Retina Late2012にmacOS High Sierraをインストールしています。 この記事は、macOS High Sierraが登場して間もない頃の記事です。 そのため、OSX10.13.1やそれ以降のHigh Sierraには該当しないこともありえます。 このMacBook Proは、AC電源が供給されている間、ディスプレイだけスリープさせ、本体はスリープしないように設定しています。(Haswell以降のMacではできません) High Sierra固まりました!2時間しか持ちません Higi Sierraインストール後、数時間放置していました。先ほどLate2012にアクセスしたところ、レティナディスプレイがブラックアウトしたまま、何も表示されない状況になっていました。 状況をまとめると以下の通りです。 レティナディスプレイがブラックアウト。しばらく待っても表示されない。 画面共有でアクセスするも反応なし。接続できない つまり、High SierraのLate2012は固まっている状態

Read more

関連カテゴリ・タグ:macOS High Sierra(10.13)macのトラブル・不具合macで困ったこと2012年モデル

無料で安心できるFruitfly macのスパイウェア対策

2017年1月に実害がないから放置されたFruitflyというスパイウェア、実は数年前から活動していたと最近の調査で話題になりました。 Fruitflyの対応は、2017年1月のMacOSセキュリテイパッチで対応済みです。被害に合うことはありません。 数年間発見されなかった理由は 「Fruitfly」は最低でも2年間は、誰にも気づかれないまま、推定400台以上のMacに「潜伏」し続けていたそうです。macOSのセキュリティだけでなく、民間のセキュリティソフトにも引っかからなかった理由は、目立った実害がなかったから。 専門家からも数年間気づかれなかったMac向けスパイウェア「Fruitfly」 このスパイウェアは、コンピュータのカメラを通してのスパイしたり、スクリーンに何が映っているか、キー入力のログなどを捕捉することが可能だったそうです。 無料や市販のウィルス対策ソフトでは検出できずに駆除できなかったことが残念です。 どうやって侵入したかはよくわかりませんが、ウィルス付きメールをクリックしてしまった以外に、MacOSの場合、野良アプリのインストールが可能だったりするのでオススメしていても本当によくよ

Read more

関連カテゴリ・タグ:macのウィルス対策2012年モデル2013年モデル2014年モデル2015年モデル2016年モデル2017年モデル

TouchBarを使いたい!無料のTouchBarアプリがあります

MacBook Pro Retina Late 2012、Mid 2015でもTouchBarが試せるそんな内容の記事です。 タッチバー表示非表示を簡単にできる方法も解説しています。   MacBook Pro Retina 2016年モデルには、TouchBarモデルがあります。 MacBook Pro Retina 2017年モデルにも採用されるんでしょうね・・・   Microsoft Officeを始め、最近ではChromeもタッチバー対応版がリリース間近と言われています。   TouchBarがあるとそんな使い方ができるの?知らなかった・・・   乗り遅れないためにもTouchBarアプリで使い勝手や「Touch Barをカスタマイズ...」で使える機能をチェックしたい     当ページでTouchBar非搭載モデルでもできるTouchBarアプリのインストール、簡単に表示非表示する方法、TouchBarのカスタマイズ方法がわかります。     TouchBarなしモデルで使うTouchBarアプリ!無料でできま

Read more

関連カテゴリ・タグ:macOS Sierra(10.12)macOS High Sierra(10.13)AppleScriptmacのハードウェア2017年モデル2016年モデル2015年モデル2014年モデル2013年モデル2012年モデル

【1分でできる】macのバッテリーを長持ちさせる最新情報を調べてやっていること

バッテリーがへたって、もう充電できないようになったので交換する流れがベストだと思っています。 こちらの記事に書いている通り、mac野郎なのかは、バッテリー膨張によるバッテリー交換を経験しました。 実際なってみないと、mac内蔵バッテリーが膨らむなんて、想像もできませんでした。 今時のMacBook Pro/Airは、バッテリーのリフレッシュなど不要です。 注意しなければいけないのは、 「極端な周囲温度を避ける。」 Apple製デバイスは、広い周囲温度範囲で正しく動作するように設計されており、最適な範囲は16°C〜22°Cです。特に重要なのは、35°Cを超える周囲温度にデバイスをさらさないことです。 source: バッテリーの駆動時間と耐用年数を最大限に延ばす 「充電中は特定の種類のケースを取り外す。」 の2点です。いずれも熱に関する注意点です。 毎日AC電源を使って作業している方は、これだけでいいはずです。 【パソコン豆知識】「バッテリーいたわり充電モード」を使ってノートパソコンのバッテリーの寿命を延ばそう! ソニーのVAIO製品のページで「【パソコン豆知識】「バッテリーいたわり充電モード」

Read more

関連カテゴリ・タグ:ライフスタイルmacのハードウェア体験レビュー2015年モデル2014年モデル2013年モデル2012年モデル

MacBook Pro Retina バッテリー交換はすごい方法でした

MacBook Pro Retina Late2012、マウスが勝手に動くんです・・・ 原因はたまたま外出した際に、Apple Store表参道店で確認してもらいバッテリー膨張で交換が必要っていう判断をもらいました。Orz この日はバックアップを取っていないのでそのままお持ち帰りしました。       この辺りの詳しい話に興味がある方は、「MacBook Pro Retinaの寿命は4年だった・・」にまとめています。よかったら見てください。     代替機を用意してもらえるわけでもないので、MacBook Pro Retina Mid2015にアップグレード!、移行後しばらく使ってLate2012を修理に出しても問題ない状況になりました。     MacBook Pro Retina Late2012はK'sデンキで購入しました。PC系はPC DEPOTが修理を担っているようなので、聞いて見たところMacは無理です的なお話でした・・Orz       同時並行で、Macの修理をやっているショップがあるじゃない

Read more

関連カテゴリ・タグ:mac修理macのハードウェア体験レビュー2012年モデル

MacBook Pro Retinaの寿命は4年だった・・

今回はMacBook Pro Retinaのとっても身近に体験している寿命に関してです。 先日アップルストアで診てもらいました。 MacBook Pro Retina 13 インチ Late 2012、寿命を迎えつつあります>< この状況に戦々恐々なMac野郎なのかです。 MacBook Pro Retinaの寿命はバッテリーで決まる!? バッテリー膨張の傾向にあります。症状は、「勝手に操作される」です。(後半で詳しく書いています) バッテリー交換って以前より少し値上がっています。 Mac ノートブックのバッテリーサービス料金 13 インチ/15 インチ MacBook Pro Retina ディスプレイモデル 19,800 円 https://support.apple.com/ja-jp/mac-notebooks/repair/service/pricing このままではどうしようもないので、 交換してもらう事で、話を進めて、技術サポートさんの説明を聞いてみると、 バッテリー交換に5日以上かかることが判明しました。 早くて5日、もっとかかる可能性(10日とか)があるそうです。

Read more

関連カテゴリ・タグ:mac修理macのハードウェア体験レビュー2012年モデルアップルストア

OSX 10.10 Yosemite にアップデートしてみました

OS X Yosemiteが発表され、すでにMavericksと同様に無料で、アップデートできる状態になっています。 環境:MacBook Pro Retina, 13-inch, Late 2012 OSX 10.9 Mavericksから普通にアップデートしてみました。 端的に言うと、Yosemite上書きインストールは全く問題なく、完了しました。 ・OS X Yosemiteのダウンロードサイズは、5.16GB ・ダウンロード後、インストール完了、ログインできる状態になるまでに約30分かかります。 Air DropでMacとiPhoneのやり取りは、 iOS 8.1が10/20にリリースされた後に利用できると発表されていました。 iOS7以降が対象のようです。詳しくはiOS8.1 と OSX YosemiteのAirDrop連携は、ファイヤウォールの設定が決めてだったに記載しています。(2014/10/21追記) 一瞬FinderにiPhoneの名前が出たのでおぉぉ!と思ったんですが、iPhone側からはなにもできませんでしたw Flatデザインに変わるだけかと思っていたのですが、隠

Read more

関連カテゴリ・タグ:OS X Yosemite(10.10)2012年モデルiCloud

ページ 1